退職|趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと思っている方は要注意です。

自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。これは、私の実体験になるのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、以前は、飲食店で勤務していた時期があります。そのレストランでの業務は、そのお店で任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。そのことが引き金になり、退職したのですが、その結果、食べること、そしてその店で扱っていた食べ物さえも苦手になってしまい、その系列の飲食店は現在も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現させることは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に自分自身と向き合う必要があります。

    友人や知人からの紹介によって転職の先を探すこともあるでしょう。

  • 知っている人による紹介で転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、転職の先の労働環境やその他の労働条件といったポイントを友人知人からの口コミ情報のみで鵜呑みに判断してしまうとあとで後悔するかもしれません。というのも、ある特定の人の口コミというのは、誤解・齟齬が多くなってしまいます。他の人にとってはかなり良い職場環境だったとしても、あなた自身の主観で見た場合、ストレスフルな可能性だってあるのです。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、しっかり自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

    退職|これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそう…

  • 今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておきましょう。この手当ては現在の会社がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。さらに受け取れる失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるため、もし、繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

    派遣会社を介して仕事をする人が近時多くなっていますが・・

  • 派遣会社を介して働く人が近時多くなってきています。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかをなるたけ面接の際に聞いておきましょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、悪い派遣会社では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないこともかなりあります。面接のときにきちんと返答しない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるべく別の派遣会社のもとで登録されることをオススメします。

    転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを通じて、転職活動する人は少なくありません。しかし、転職のチャンスを高めたいのなら、並行して転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、そこに足を運ぶことによって気になっている企業に関する情報を直接得られますし、そして、フェアに参加している企業スタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。もしも、転職フェアに行くときには、面接を受けるつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それが功を奏してフェアの中で、企業側から良い人材と見なされれば、そのあとの面接等に進む時に非常に有利となるからです。

    『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨を最初、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。予定では、年度末を契機にやめようとおもったのに、うまくいきませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに会社や上司に対してガッカリしました。

    クールビズの格好をして再就職の面接場に出向く際には、…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接にチャレンジする際には、さすがにジャケットまでは着用しなくても安心であると間違いなく分かります。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が悪い印象を与えることがありません。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと考える企業もある確率もあるにはありますが、ことネクタイに関してだけはクールビズでも身だしなみとしてすべきだとしている企業がまあまあ存在するわけです。そのため、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイに関しては必ず着用いく方が悪い印象を与えることがないということを知っておいてください。

    転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必須といえます。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が欠かせません。ほとんどの企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事になってきます。ただ記入するだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが大事です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き綴ります。また、現職の社内で挙げた実績を、売上を前年比○パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりしてブランディングのために転職エージェントを頼ること転職を成就するための一つの手です。

    退職|派遣先が決まりました。勤務初日に営業担当の人と就業先近く・・

  • 派遣でのお仕事が決定しました。就業の初日に営業の担当者と就業先の会社近くのコンビニで落ち合うことになっていたところ、担当者がどうしたことか約束をしたお店の前にいないので中にいるのかもしれないと考え店の中に入ったところ、営業担当者はこともあろうに雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアページを開いて見ているのを発見!こんな担当の方の仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、その場で声をかけずお店の中から出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

    求人情報にはほとんどの場合、普通の会社では月の給料等が記載されています。

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、月収が記載されているはずです。でもこの月収を頭に入れる時には、注意して確認する事が大切です。その数字だけを見て納得しないほうが良いです。場合によっては、月収の額の中に「毎月10時間分の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあったります。そういうわけで、その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社はスルーしておくのが無難といえます。

    退職|生まれて初めて失業保険を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が…

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくてももらえると思っている人が大多数ですが、それは誤解です。本当は、きちんともらうためには、求職活動を行わなければならず、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。月ごとにハローワーク職員との面談を行い、本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。一方、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、決まりとして給付の一時停止に至ったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために注意が必要です。

    退職|再就職しようと思っているなら労を惜しまずにさまざま…

  • 転業したいなら、労を惜しまずに多様な会社の採用情報を調べたり比較したりしておくと転身先をかなり選択しやすくなるでしょう。現在の職場にやりがいを感じていないケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どんな会社でもいいように思えてしまします。そういった状態だと、どの会社に応募するべきか迷ってしまい、どんな企業でも飛びついてしまうのです。雑な行動を取ると、最終的にはあっという間に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなく企業の取引先を見る事です。良い企業は、取引先を公表していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

    これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • シフトのある仕事についてです。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を前もって聞いておいたほうが良いでしょう。以前わたしは出産のため抜ける人の代わりにと正社員として就職したのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?振り返ると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

    転職をする時に面接でかなり高確率で投げかけられる質問が…

  • 再就職をする際で絶対に聞きだされることが職場を辞めたのかということです。このような質問に回答する場合には話の中心を辞めた会社に向けない方が最善です。辞めるに至った経緯にスポットを当てるとどうしても面接において不利なことを伴った話の内容になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、どうして前職を退職したのかという事をこちらの会社に絶対に入社したいという考えがあったからという感じの話にするべきであり、自分が入りたい会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういう話ならば、悪い面ではなく積極性を前面に押し出したものに変えることが可能です。

    再就職時の面接でつける腕時計のことなのですが、どう見ても目立つ…

  • 再就職時の面接のときにする腕時計について申し上げますが、どう見ても目立つタイプの腕時計はしないほうが悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計とはブランドの腕時計であるとか、それとは逆にチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう意味であって両極端な意味で目を惹くのだと認識しておいてください。転職の面接の際に着用するべき腕時計についてもポジションとしてはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接にふさわしい適切なものを着用して行った方が良い印象を与えてくれます。ただし、自身の年齢にあった腕時計であるということも条件の1つで、新卒の頃に面接時に買った腕時計よりは多少なりとも値が張る腕時計にした方が好ましいということは断言できます。