女性が転職する時、今現在と一昔前では少なからず、状況に違いがあったりします。

退職|女性が再就職するに当たって、今と一昔前では多少、状況が変わりつつあります。

女性が転職する場合、数年前と今とで若干の変化があったりします。一昔前は会社側から結婚観や出産後の仕事などについて、女性たちへ質問していたのですが、今現在の流れとしては、こういった内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社の方が多くなっています。そして、名の知れた大きな会社の場合は、あからさまに避けるようになっています。とはいえ実際、企業側は、〇か×といった形ではなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、出産後は時短で働きたいなどを漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自身の人生設計を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに表現することで、企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると考えます。ということで、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの側から気を遣って答えておくとよいでしょう。

日本には昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

昔から日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職を検討する際は、大切なのは適した時期といえます。はじめに、今現在の職場、仕事内容について全般的に、不服点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出してみましょうそうしておくことで、将来の再就職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、決断を早めにし、今より良い職を手に入れるべく努めることも大切です。

転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業であ・・

転職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの場合そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるとしたら、共に仕事をする担当者、かいつまんで言えば部長や課長などが面接することも決して少なくありません。特に、事務職や営業職などの部署に転職するのなら、資格などで見極めが難しいので、きちっと自分自身をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当の人たちに「この人はしっかり自己主張するし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

退職|仕事探しを行うにあたっては、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を使う手もありますが、仮にそういった場所で登録したことの結果として新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付してもらえないので注意すべきです。一方、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就業したときは、就業に備える準備金として一時金が支払われます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。これについて知らない場合は、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

もし再就職の前に、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと・・

再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の雰囲気が一変するかもしれません。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のトラブルを避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去れます。それに、円満退職で終えられたなら、転職後、相談にのってもらえるチャンスも手に入るはずです。業界に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりが重視されるので、辞める際のトラブルには警戒しておきたいものです。

転職活動といえば、企業とのやりとりよりもどちらかと言えば面接係員と・・

転職活動といえば、希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩としてあまり意識せずに焦らずに対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする意識で望むと良いと思います。また面接官に対してはもっとも最初にあなたの内面的な部分を判定してもらうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて避けましょう。そしてモラルある社会人らしい面接に適した綺麗な服装で望みましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、非常に勉強になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られて楽しいものです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、いつもの働き方を見せないのが特徴です。典型的なのは、ブルーワーカーなどの職種です。個人のクセが強い業種であるため、入社してからでないと、実際の働き方が出ません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと考えないことがとても大切です。また、会社見学時に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない段階では万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保証がないため、仮に、勧められても丁寧に断るとこが大切です。

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。すぐ・・

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をクリアしました。すぐに担当者から面接の日時を教えてもらいました。ところが、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにだらしない態度を見せられ、何とか面接は終わりました。でも、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かずそこでもう一度連絡をした結果、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、率直に、不採用で良かったと感謝しています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに次の世代の変化が増えつつあります。その変化を受け、企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が深刻化しています。将来、「外国人労働者」の比率を増やしていくつもりでいる前提と安倍政権は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

ずっと接客関係で働き続けてきましたが、加齢が原因か立ったまま行う仕事・・

長きにわたって接客業で勤務していたのですが、年をとったせいか座ることのできない仕事は体力的にハードで、オフィスワークへ仕事を変えることを志して行動しました。事務未経験となるとけっこう難しく、そうであれば接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人クリニックに転職しました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばかりさせられて、接客業時代より帰宅する時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアを作る時期だと受け入れ頑張ります。

将来、労働力という観点においてますます単純労働は機械に入れ替わり…

私たちの労働環境は、将来一段とシンプルな作業は機械で済まされるようになり人手は削減されます。なぜなら単純労働という観点ではヒトよりも機械で作業するほうが比べられないほど分があるからです。数量をカウントしたり、同じ作業を延々とリピートしたりすることは機械にはへっちゃらです。人と違って愚痴も言わない、肉体的な疲れもないし、ずるもしない、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。さらには、報酬が発生しないのも大きな違いといえます。このような観点から生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化されるのは必然ともいえますね。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。忙しく仕事を行いつつ求人を調べて応募したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担がかかるといえるでしょう。加えて、転職活動中は、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、そのまま書類選考が通り、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募した場合でも、応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しなければいけません。

転職活動をする際、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職する際は、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。辞めた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、違った視点から見れば、投稿の内容が嘘であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。でも、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、なんとか火消ししたい」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、その分入社後に厄介事が降りかかる可能性が高くなる、と考えるべきでしょう。というか、いい会社だったら煙も立ちません。

退職|将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職活動と付き合っていけば、…

楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職活動と付き合っていけば、メンタル面での負担も少ないので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。しかもメンタルにも健やかな状態であれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、休職によるブランクをつくらず新たな勤め先を見付けることです。現在の会社に勤めながら、転職活動することがベストだと思います。さらに、隙間をつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすることで、職歴にも空白期間がなく、将来に響くこともありません。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、うまく転職活動を進めてみましょう。

仮にあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」といった具合…

仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと考える人が増加傾向にあります。ネット社会の今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方の求人でも容易に知ることができますが、ただ、郊外や地方での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですから、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもまめにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの有無も見逃さないようにしましょう。