安定性を送ろうと正社員として働きたいと思っている・・

より安定した暮らしを手に入れるために正規の社員になろうとしている人は…

  • 安定した生活を手に入れるべく正規社員を狙っている人は結構多いと思います。しかし、即戦力として働けるようにかなり努力していても、中々正社員としての転身がうまくいかない可能性もあります。契約社員の求人情報は結構あるのに正社員の求人情報に拘り、時間を無駄にしてしまっているようです。なかなか、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、準社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業のなかには、その人の実力によって、数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですから面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしておくと将来設計にも役立ちます。

    求人関連の情報を見るとき、「デスクワークがしたい」という人・・

  • 求人サイトを見る場合、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業に目を通さない人がいます。そういったことをしている人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する仕事がとても多いです。しかしながら、製造業の勤め先はオフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。だとしても、自分のエゴをなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

    転職の意思があるのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、一年目は「試用期間」が入っている会社が少なくありません。私のケースでは、四苦八苦して手に入った職場なのに、予想と異なり年収が前職での稼ぎと見たところ同じ額で変わりませんでした。おまけに、業務内容はきつく責任が伴うもので、1年目は、たいへん骨が折れました。そのような体験から1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、できる限り転職前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

    先日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 数日前新しい仕事先を見つけようと人材会社へと登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをするために現れた担当の人の雰囲気がどうも20歳そこそこの社員のようで、こちらが説明している話の50%もその社員は理解していないように見えました。にもかかわらず「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが重要でしょう」とか、ベテラン社員のように偉そうにのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそれなりには仕事の経験がある方にしてほしいです。

    例えばあばたが、とらばーゆの決心したなら、周囲の人に…

  • もしも、転業の思い立ったのなら、完全に周りの人にはひそかにその気持ちを伝えずに首尾よく活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、あくまでも同僚に知られないように淡々と業務をこなすのがたいへん堅実です。その状態を保っておくと、もしも転職先探しに見つからなくても、転身時期を見合わせながら、今の仕事をそれまで通りに継続しても簡単にできます。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、その言葉に合わせて対応し出します。それに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、周りからは「あの人は転職する人」と受け止められます。その後で転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、「一度は退職しようとした人」という目であなたを見るため、仕事を続けている限りは、身の置き所がない思いををする可能性が高いです。

    転職に先立ち今務めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが…

  • 転職をするために今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もし自発的に退職届を書いて退職する、いわゆる依願退職の場合は、すぐさま失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの職員とトラブルになっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、リストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定が下ったのち即座に失業保険をもらえます。

    転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている…

  • これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしてほしいことがあります。一般的に派遣社員に関しては、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務をイメージされる人がおそらく多々ありますよね。実は私自身もそのように思っていました。現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社してみると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務を指示されました。特別な知識もなく、当初の説明とは全く違うので毎日非常に困っています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

    昔の求人誌では、雇いたい人の「性別」までしっかりと記載されていました。

  • かつては求人情報では、雇用側の希望する「性別」が記載されているのがほとんどでした。しかし現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そういった変化があるものの、求人募集をしている会社は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実は男手が希望の案件に女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が応募してくる、といった問題も他人事ではないのです。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」という内容の求人募集は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えると良いです。

    近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外に・・

  • 現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。特許出願の経歴がある人は、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に限らず、「研究開発論文」を世に出した人、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる誘いを受けたなら、思い出してみましょう。ときとして、ヘッドハンティング名目として、登録料を払わせようとする会社がありますが、そのような会社はむろん嘘ですから騙されないように注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が負担するものではありません。

    満足できる転職を希望しているのなら、事前に情報を収集することが必須です。

  • 良い転職先を見つけるためには、最初に行動をするようにしなくてはいけません。それには近年はどれほど中小零細企業もホームページに会社のことを書いている場合がほとんどですので、ネットの機能を活用して色々と必要事項を手に入れるとそれとその会社のわからないことを整理しておくと転職に役立つはずです。さらに公式サイトに加え、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職の候補にしている企業を自身の目でチェックしてみることも大切です。

    どうもPCは便利でネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが…

  • 世の中は変化していてパソコンは便利でインターネットで見られる世界には要するに転職に関連するサイトが無数に点在しています。そのいっぱいのサイトから自分の目的に合致した転職先というのを見つけたいなら、まずは情報が大事ですから収集から始めましょう。サイトをうまく活用することで、よりスムーズな転職先を探せます。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

    退職|看護師という職業の人の他の職に転職を決断するキッカケ…

  • 看護師のそれと違う職業に転職の原因はその人それぞれです。看護師からの転職するには「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産加えて子育て加えて家族の介護など、環境の変化など、これまでと同じようには仕事が難しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満がある」など、さまざまな理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくり時間を掛けてそして客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断されることを強くお勧めします。

    今まで経験したことのない分野とかに転職したいと考えているときには・・

  • 未経験の業種などに転職したい場合には、前の仕事で身に付けた力や今までの経験を発揮することができるという自己アピールが必要になります。初めてのジャンルの場合、未経験の分だけその業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、損にはなりますが、自分の持っている力がそこで十分に発揮することができるということを話すことができれば、勝負になるケースは多々出てきます。という訳で、未経験のジャンルに挑戦するときには、その分野と自分が今までやってきた仕事との関係をできる限り見つけ出してみましょう。

    転職時、重視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 転職する際、とても重要視されるのが「面接」です。通常の面接の際は応募者に対し、転職に至った理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。面白いことに面接の終わり頃になりますと、面接係員が転職者である面接者にたいして疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「なにか弊社について聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こんなときは、緊張状態で、何も聞けなくなったりするものです。こんな場面に備えて、前もって面接担当者からの質問に対する、(あなたからの質問を)用意しておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

    転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

  • 転職を度々しないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるので精神面を強くするための自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職と異なる行動をする事も精神面を鍛えられます。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでとは比べようがないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職して間もない頃は精神的に弱っている人が多いのでほどよく休むようにしましょう。