生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている…

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える・・

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても受け取れると考えている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け取り続けるためには、職探しを行っている必要があり、加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに担当者に求職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。その反対に、きちんと就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、ルールとして給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、気をつけておきましょう。
  • 転職を考えているなら、いろんな会社の募集案内を調べたり比較したりしてお・・

  • 転職を予定しているのなら、こまめにさまざまな会社の採用情報を定期的に調べたり比較したりしておくと転職先を選びやすくなります。あなたが今現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの会社を選択したら良いのか判断できなくなり、選択をしくじりかねません。そうすると、最終的には短期で嫌になってしまうこともあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。
  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜・・

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、決まった曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、休み方やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は産休で休む人の代わりにと正社員として就職したのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた人が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、よく我慢したなと思います。
  • 退職|転職時の面接で絶対といっていいほど投げかけられる質問・・

  • 転職の面接でかなり高確率で投げかけられる質問が前の職場を辞めたのかという話です。このような質問になった場合には話題を前職からそらしたほうが無難です。退職した経緯にスポットを当てるとどうしてもマイナス要素を伴った話題になってしまうので。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したかという点をこの職場に絶対に入りたいという考えがあったからという話題にしたら良いということで、自己アピールもかねて面接に来た方の会社へ焦点をもっていくべきなのです。今面接をしている会社のことであれば好印象の辞職の理由になります。
  • 再就職の面接で使う腕時計についてですが、どう見ても目立つよ・・

  • 転職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げますが、どう見ても目を惹くような時計は避けたほうが良いです。この場合の目立つ腕時計とは明らかに高価なものだったり、といった意味合いだけではなくその反対で完全に安物である腕時計に見えるとか、そういう目立つということで真逆の目を惹く、ということで考えておきましょう。面接の際に付けるべき腕時計はネクタイやスーツと同じように、ビジネスの場にふさわしい適切なものを身にするほうが賢明です。ただ、自身の年齢にあっている腕時計ということも重要で、新卒の就活の頃に準備した腕時計よりは少しでも高いものにした方が好ましいということははっきりと断言できます。
  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業中でなければもらえませんが…

  • 失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、「期間」が定められています。それまで勤務していた期間に応じて異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことに知らないで期間の制限ががないと思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて遊び続けている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき大急ぎで転職活動を始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった箇所はそこそこわかるはずです。相手によっては、面接時に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 退職|転職して仕事先を一新するということは、自身に見合・・

  • 再就職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する自分の希望に近い転職先を選んだほうが好ましいということです。勤務先を変えることによって、あなたに向いている仕事に出会うかもしれません。しかし、メリットだけがあるわけでななく、雇用側が必要とするスキルがないと、転職自体が難しいです。他の言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。今は、「職業選択の自由」が普通に常識として当たり前になっているので、職場や業種を変えたとしても面倒も生じないでしょう。今のような事態のもとでは、現代は「即戦力になる人材が欲しい」と希望する企業も増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。
  • これまで私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、…

  • これまで私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で探していました。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心の求人しかないからです。なので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、求人募集をする企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に根ざした企業もあり、安心して面接に進むことができます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」というイメージがある人が多いとは思います。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、数年以内に転職予定の方は、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトみたいに執拗な電話やメールもありません。
  • 転職の時の面接でいるスーツの色は、新卒の人たちが就職活動の際・・

  • 転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の就職活動の際に準じている色合いが良いです。ということは、黒とか紺色などのような暗い色になるわけです。転職のケースにおいても、着用していくスーツのカラーはこういった落ち着いた色が多数派になっており、それ以外の色の人はあまり見かけることはありません。他のカラーで言えば、まれにグレーのスーツを着ている人がいるくらいです。全体的な割合をみても黒系や紺系のビジネススーツが圧倒的に多いので、採用担当の人もそのような色であるほうが普通であるように感じるので、見た目の印象という点ではぜひおすすめします。
  • 転職活動を行う際の最後の問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動をする際の最後の難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決定したとしても、現在勤務している企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そのようなケースでは、どうあっても退職する、という強い意志を貫くことが求められます。引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。そして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大事な要素となってきます。
  • 転職しようとしても万事順調に運ぶという確証はどこにもありません。

  • 仮に再就職を目指そうとしても、全てが首尾よく運ぶという保証はどこにもありません。どうせするなら、いずれにしても転職をしなくてはならないならなるべく早い時期に変えたほうが良いでしょう。たいていの場合、20代のうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職結果は、とても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社にとどまることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、転職活動されるのが良いということです。
  • 新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職を決意しました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、悩んだ結果、転職しました。実際に転職する前後は、かなりちゃんと転職できるか不安でした。でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で学び自然と気が楽になりました。また転職を経験したことにより不思議と精神的に楽になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが喜びになっていきました。いまだ「辞めることが悪」といった転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の場合、転職を経験して良かったと思います。
  • 退職|転職を考え始めたときに、とにかく勤務中の会社を辞職してか・・

  • 転職を考え始めたときに、まず現在働いている会社を完全に辞めてから転職しようと考える方もいますが、そのような場合にはボーナスの支給日を気にしておきましょう。ボーナスが出る会社はほとんどですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが手に入る日まで長くないのであれば、支給日が過ぎるのを待って辞める意向を伝えるという方法も賢明な方法です。ボーナスは月々の給与と比べて大金なので、もらわなきゃ損ということも言えますから、退職をする際にはボーナスが支払われる時期について確実に頭に入れておく方がボーナスをもらい損ねないと思います。
  • 退職|私が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 以前は割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質も本当に多種多様でそのほとんどがいまいちなアドバイザーばっかり。こちらは人生がの大事な事なのにもっと一生懸命に臨んでほしいという想いが積もってしまいました。それがきっかけとなりキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。資格を取得するためにはお金も必要だったし勉強面に関してもかなりヘビーでしたが、就活中の人たちからあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるべく頑張っています。
  • 退職|そろそろ転職を希望しているのなら、今現在の職場で感じている不満・・

  • いよいよ転職活動を希望しているのなら、今いる業務や仕事で感じている不満点を明確にしておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満なことがあるから転職しようと思っているはずです。でも「いまある職場・業務の客観的にみた不満を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。