今やっている転職する活動時、「私は経験としてこうい…

いい転職をしようと転職する活動の際に「今まで、こういった内・・

がんばっている転職する活動をしているときに、「私はこれまでこのような価値のあるの仕事を長く続けました」「過去の仕事では、こういった経験を身につけることができました」と実績・セールスポイントを十分にアピールしようと考える人は多くいます。が、転職希望する新たな企業で「近い将来こうありたい」「私が言ったような内容の仕事なら積極的に参加したい」と将来的なビジョンを話して自己をアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

就労中には、可能なかぎり同僚にバレないように(私の場合…

雇用中は可能ならば、周りの人間にバレないよう(ちなみに私のときは)雇用中に「転職するかも」という気持ちだけを早い時期に同僚に話したことがあります。ところが、それから、求人サイトを散々あれこれ見ていったものの、働く先も転職時期すら無鉄砲に決まらずダラダラ時間がムダになるだけでした。そして一方、社内では業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たあと、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

初めて転職をするとき、頭に入れておかなければいけないの・・

最初に転職をする場合、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を辞めたいかを明確化しておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。その上で問題改善が見込める会社を決めることになります。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動を行うことから、時間と体力とが必要だと考えられます。だから明確な理由が頭にない状態で転職活動をすれば、途中で息切れしてしまいます。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動のスタートを切ることは待っておいたほうが良いでしょう。

転職活動をする際に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、…

就職するため仕事探しをする際に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが非常に多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料に残業代を組み込んでおくということです。(注意・合法です)例えば『みなし残業代20時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」という話になるわけです。ただし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉自体がこともあるので要注意です。

退職|以前は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者としてやっぱ…

その昔は看護婦ですが看護師というのは歴史的にも女性のかなり多い職です。しかも、気力それに体力を負担が大きい特徴があります。であるがゆえに、職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスを難しい職業といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。最近は特に、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」であり、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

転職を行うにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒…

転職するなら、仕事のやりがいアップも大切だけどそれに加えて給料のアップも大切なポイントなので「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ調査をしています。全く同一の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるのに人によってすごく違いがある場合も多くあって、正直なところ面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰なのかある程度は予想がついてるんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接担当者から「転職理由は?」といった形で、必ず聞かれますが、この時、どういった事情があろうとも、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」に関しての不満ともとれる返答などは、できる限りしないことをお勧めします。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが正解なので、まずは「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような売り込みの形が必要とされます。

退職|20代前半の時点で転職を2回し、そして現在、資格の勉強をしなが…

20代前半に転職を2回経験し、そして今、資格取得の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務とは異なるため、やはり手取りは安くなりました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際、そのような人を見ると少し羨ましさを思ったりもします。前の私は、うまくいってる人と自分とを比較して、肩を落とすこともありました。現在は結婚してから、生活そのものが大きく変化し、そのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。

派遣で会社で働いています。派遣法とか労働契約法のからみで…

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法の関係で残念なことに長く勤務してきた企業での勤務があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先で正規社員の条件を得た人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけた話仕事の実力とは関係なく派遣先上司の扱いが得意な人でそれが採用の決め手となったみたい。仕事の能力より上司に媚びる能力の方が大事なんだねーと抜擢されなかった他の派遣の仲間と勤務先で愚痴を言う日々です。

大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件があるというメリットがあります・・

大規模な転職エージェントほど、豊富な案件を抱えているという魅力があるといえますが、反面、転職希望するライバルも多くいることになります。それがためにあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが無理だと判断すると応募してもらえない可能性もありますし、あなた以上に転職の可能性が高い適正人物が他にいたら、そちらの人を優先することもあります。要するに大手の転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い非常に難しいので、方針を変更して中小レベルのエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると自分のために仕事してくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

たいていの場合は大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、…

一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。おまけに、都会エリア外だと転職の見込みがとても低くなります。例外として、製造業に関連する企業に関して言うと、都市部でない地方の工業団地を製造工場を置いているとても多いです。そのような地方の工場なら、事業分野の拡大などの節目に「中途採用」を積極的に行うので、そのタイミングに転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識を仕入れておきましょう。ホームページにアクセスし、スタッフの募集予定はないか、こまめに確認しておくと間違いがありません。

在職していた会社で相性の悪い上司に嫌な気分にさせられ…

新卒で採用された会社でつらく当たる上司に悩み、耐えきれずにその会社は辞め、同業者の他の会社へ転職しました。その会社では上との関係も良好で仕事ができてとても満足していましたが、徐々に会社の収益が少なくなり、結局はとある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した会社が驚くなかれ前働いていた会社で、その上とても嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当然もう一度転職活動を始めるつもりです。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、呆れるくらい電話やメールをしてきます。

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人は大変びっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職を推進することが仕事だと考えられるので、本当に積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは転職させると企業から報酬を受け取る仕組みといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでるとすぐに、入社を積極的にすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが大切です。

会社で何かあって心的なダメージがあり、転職しなくてはいけない状況になったのなら、…

会社で何かあって心的に自分が苦しくなって転職せざる負えなくなってしまった時には、会社と相談ではなく身内などの近しい存在の人と話して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。どうしてかというと、仕事をするのは自分の事でもあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。どれだけ高い給料を手にしたとしても、精神的にボロボロになるほど働きつづけるのは、好ましいわけがありません。今の社会では、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も段々と増えつつあります。あなたの家族、あなた自身の心身の健康を考えていきましょう。

再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合、…

転職の面接などにおいて名刺を手渡してきた場合、あなたも同様に名刺を渡す必要があるのか?とどちらが正解かわからない場合大体の場合は差し出す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動の一環なわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時とは違います。さらに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。なので、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任は少しもないと思います。