職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズ可・・

転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズで良いと…

再就職の際の面接での身なりはクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もあります。しかし、クールビズで行くのは印象が良くないのではないか?と思ってしまう人もいます。そのような思いを懐に背負いこんでいる方にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズで良いとされたのであれば、書かれている内容を守った方が不安要素がないです。考えすぎてしまい、真夏なのにスーツを着込んでいくと相手に暑苦しいと思われます。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズで良いのです。

退職|もっと良い企業の社員になりたいと転職をする活動をしている…

違った会社の社員になりたいと転職をする活動をしている場合、「ちょっとでも早く、内定を手に入れたい」と考えてしまうはずです。が、その気持ちが強くて通知ほしさのあまり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、その逆で自分を能力を安く見積もったことは、出来るだけ止めておきましょう。大事なのは焦る感情にブレーキを掛けて、冷静かつ客観的に自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

転職したケースでは、大体の場合、以前の会社の仕事のほとんどは美化された記憶となります。

仕事を変えた場合には、大体の場合、以前の仕事はほとんどの出来事は美化されます。現実には今の職に不満があるから、それを払拭するために思い切って再就職を決めたはずなのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか転職した会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と思うことが増えてきます。それというのも極めて普通のことで、前の職場では業務に慣れていて、事もなく日常の業務が淡々とこなせていたからというのが一番のというのもあるでしょう。とはいえ「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と本気でいうほど、以前の仕事の方が労働環境や、報酬が良い事もあります。

退職|就職活動において、ポイントになるのが年収です。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。今の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばないものと考えておくべきです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。

退職|転職の面接に転職希望の会社へ赴いたときのことです偶然…

転職の面接にある会社に向かいました。その日に限って会社の会議室が空いていないということで社外の会場で面接官と待ち合わせをして採用面接をして、その場所で解散し、面接官も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が一緒。それで電車の中においても一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することとなって、結果として緊張がなくなって話が盛り上がり、それが原因か最終的に採用を獲得することができました。

転職の際に外せない採用面接でのやめておいたほうがよい…

転職活動中の採用面接での、勘違いしている人が多いのですが必要以上に猫かぶりしていると、残念ながら逆効果です。そうなる前に思い切って面接の際は「休暇」といったような、普通はかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に聞いておくと間違いなく自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終的に悪い結果になるのではないか」と気になるかもしれませんが、だけども、かえってマイナスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。このような労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。しかし、面接で緊張していると、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

ここ最近の会社や企業の労働背景が慌ただしく変わってきた…

このようにここ最近の労働環境が激しく変わってきたことに当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い人たちは敏感に感じ取ってそれはたぶん、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。こういった背景から働き手といった人たちの流動化が進んでいるようで、ますます今後、若年層の転職への関心度が増えると予想されます。労働力の「流動化」の影響で転身することは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人も多くありました。けれども、社会的な変化とともに現在の仕事に固執する意味が段々と薄れてきています。

転職を決めるあいだは、つい時間が有り余っているため・・

転職の間は、どうしても、時間に余裕があるため、ダラダラと過ごしてしまいがちです。けれども、そのような過ごし方を習慣にするのは危険です。不思議なもので、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、心もダラケテしまうからです。気づけば、仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、生活も仕事も悪循環になり次の仕事が見つからなくなります。再就職先を決められないのは、お金を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけた姿勢は、転職活動中にしないようにしましょう。

転職というものをしようと考えたとき、転職先での給料ばかりに気を取られる…

転職というものをしようと考えたとき、転職先での年収について気にしすぎる人がそこそこ多いものです。もちろん多くの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るために仕事に打ち込んでいるのでしょう。年収がいくらかは自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もありますから当然大切に思うのは当然なのですが、ですが、必要以上に年収ばかりを固執しすぎるのもさみしい気がしませんか?それより年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

退職|転職をする時に目を光らせることになる求人内容は基準的なものと…

仕事を探している際に気にかける募集事項に関しては、基準的なものとして、アバウトに書かれている確率もあり得ます。そのため、そこに書いてある情報はすべて間違いのないものだと思い込まない方が賢明でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の金額などに関しては、全社員を平均した給料なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?といった読みができない場合が多く、勝手な判断で考えてしまうと、今後、悔いが残ることもあり得ます。なので、そんな風にならないためにも、求人に載っている情報はだいたいのものだと考えて、そういったようなとても重要な内容は会社側に直に問い合わせるのが適切です。

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほう・・

転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載案件も多いので、2社か3社くらいとりあえずはウェブ登録して、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。初めだけは登録するのに本当に労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、最初にきちんと準備することを心がけるのが賢明です。

昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、あるいは…

ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、個人経営 や起業を目指す人も増えています。そういった変化に伴い、「起業することは怖い」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが堅実でした。人生の花形として、一般の人々に認知されていました。そういった成長期は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」などと表現されています。機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

こういう転職という話は知り合いからの話です。

このような話は従兄の話です。就職活動を始めて新卒時になにがなんでも就職したかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、その先他の会社に就労しました。2年経過した頃に派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなってその時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。死ぬ気で頑張ってその先無事にA社で正社員として採用され、現在においてはやりがいを持っていきいきと勤めています。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ご…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職活動を通じて学びました。新婚し、生活に慣れたらすぐに子供がほしかったので、子供ができるまでの期間のために数年ほど現在の会社でそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。その為、正社員より給料は少なかったですが、ですが家庭の時間のために、この道を選択しました。ところが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣社員だからといって、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気などなく、困ってしまいました。

転職活動をしていると、面接で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていると面接のときに必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてありのままに話すのはよくありません。給与に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪い印象を持たれるものです。おそらく、過去のトラブルをそのまま話する人はいないとは思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにポジティブなイメージを与えるようにしましょう。