退職|転職サイトはメジャーなサイトの方がたくさんの企業が掲載されているため…

転職サイトはよく知られたサイトであるほどたくさんの会社が掲載されているため・・

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される企業も豊富なため、入社したい2~3社を、まずはメンバー登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、加えて自動で案件の連絡が入るようにしておくと転職情報が集めやすくなります。初回に限っては登録するのに多少手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件のみ確認するだけで良いため、最初の準備をしっかり行うことを心がけるのが無難です。

この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得た…

近年では、株・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、個人事業、起業等、そういった背景もあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といった見解も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、どう転ぶかわからない自営業という生き方よりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていました。そのような時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にもいわれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

この話は知人からの話です。始めに新卒採用でなにがなんでも働きたか・・

こういう転職ができたという話は友達の話です。就職活動を始めて新卒採用としてどうしても勤務したかった最終目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、そのため違う会社で働くことになりました。その後1年経過したぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、気持ちを抑えることができずその時の会社を直ちに退職し、A社での派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってそれから先予定通りにA社で正社員として仕事をすることができ、現在ではやりがいを持ちつついきいき仕事しています。

派遣社員だからといっても、1年経ったらすぐ辞められるというわけではないこ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を迎えたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職を通じて実感しました。私は結婚し、生活が落ちついたら、なるべく早く子供が欲しかったので、それまでの間のために数年くらい今の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、年収は安かったですが仕方ないので時間的な融通が得られるのでガマンしました。しかしながら、入社後、一緒に働く人たちのほとんど派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。なので派遣社員であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

転職活動をやっていると、「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

転職活動で絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給料に対する不満、人間関係の問題など、面接官によいイメージを与えるものではありません。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重に質問をしてきます。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、とうまく話をすり替えましょう。

励んでいる転職する活動中に、「自分は経験としてこのような種・・

今やっている転職活動時、「自分はかつて、こういう内容の仕事を長く続けました」「これまでに手にした経験は、、、です」と過去の実績などを強くアピールする人はしばしば目にします。ただし、転職希望する新たな会社で「機会があればこうありたい」「私が触れたような内容ならできれば参加したい」と将来のプランでアピールしていったほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

雇用期間中なら、できるだけ周囲にバレないよう(自身の場・・

就労期間にあるときは、可能なかぎり周りの人にバレないように(ちなみに私自身のときは)雇用中に「転職するかも」という考えのみはじめのうちに同僚に言ってみたことがありました。けど、その後に求人情報を色々とチェックしてみたのですが、結局は転職する転職時期さえも何一つ決まらないまま、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たあと、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

人生初の転職をするのであれば、注意すべきことは現職を辞めたい理由・・

最初に転職をするとき、忘れてはならないのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えてみましょう。問題改善ができる企業を選ぶのです。社会に出てからの転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事と並行して転職活動を続けていく必要があるため、時間と体力とが必要だと考えられます。それがために問題の明確化ができていない状態で転職をしようとしたら、途中で息切れしてしまう危険があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」といった強固な意志がないうちは、転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。

転職のため職探しをするときに注意すべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、…

就職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長めのものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースがよくあります。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込んでおく、といったものになります。(この仕組みは合法です)仮に『みなし残業代35時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料です」という意味になります。ただし、悪質な求人は、『みなし』を表記していない可能性もあるので気をつけておきましょう。

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は仕事として歴史的…

昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは資格として歴史的にも女性の割合がすごく高い職種です。そして、気力・体力を大きく消耗が激しい特徴もあります。したがって職場の環境での人間関係の問題や、自身の結婚・出産といった仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい仕事です。実際、そういった問題によって転職希望者が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、人材不足な状態に悩まされています。ずっと、どの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

退職|転職を行うならば、当然仕事のやりがいアップと共にそれだけで・・

転職するなら、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけど給料が増えることも重要なことなので「年収比較サイト」というところに登録して事前に研究しています。全く同一の会社で全く一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によって非常に違いがあることも多数あって、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間もだいたい予想はついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」と必ず聞かれますが、このとき、どれだけあなたが正しくとも、以前の職場の人間関係や労働環境に関しての不満ともとれる返しは、意識して口にしないことをお勧めします。此の様な内容の話は、採用のチャンスを台無しにしてしまいます。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが肝要で、とにかく「新しい職場で、スキルを生かしながら、真面目に取り組んでいきます。」といったようなアピールの仕方が良い結果につながるのです。

20代で転職を2回した為、現在、いくつか資格を取得するため・・

20代に転職を2度経験して、そして今、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務とは違うのでやはり給料は安いのですが、ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。学生のときに資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。やはり、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと少し羨ましさを感じたりもします。前までは、自分に自身が持てず、気にしてしまい、劣等感を感じる日もありました。しかし現在では、結婚して生活環境が変わった今、前よりも明確にやりたいことを見つけたので自分の人生に満足できるようになりました。

派遣で会社で働いています。労働契約法の関係で不本意です…

派遣として勤務しています。労働契約法の関係で長く務めてきた企業での仕事があと数週間で終了します。同じ派遣である方の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の地位をつかみ取った人もいるのですがぶっちゃけると仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが上手な人で引き立てがあった様子。業務上のスキルよりおじさんに媚びるスキルの方が必要なんだねーと別の派遣の同僚と勤務先で不満をたれる日々です。

転職エージェントは大手であるほど、たくさんの案件があ…

就職エージェントの大手に限って、いろんな案件があるという魅力がありますが、しかし、同時に転職希望登録者も多いです。だからあなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフのほうで望みがないと判断すれば応募してもらえないこともありますし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、そのライバルを優先することもあります。大手エージェントはサイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っておりそこそこ難しいので、策略を変更して中小規模のエージェントたちに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。