転職する際、失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが…

転職する際、「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません・・

転職するにあたって、今働いている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自己都合で退職願を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果としてハローワークのスタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐさま失業保険をもらえます。

退職|転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意していただきた・・

転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほしい点が複数あります。一般的に派遣に関しては、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をのような仕事内容をぼんやりと想像してしまう人が多々ありますよね。実は私自身もかつてはそう思っていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「担当してもらう業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、いざ入社してみると、なんと「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を要求されました。的確に動けるわけもなく、当初の説明とはかなり違っていたのでかなりきついです。今はとにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。

退職|何年か前までの求人情報に雇用主が必要とする人材の「性別」・・

数年前は求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、記載されていました。しかし最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用時、男女の差別をあってはいけないルールとなり、応募資格の概要に「性別」が記載されなくなりました。ですが、募集情報を出す企業は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。そのため、実は男性を欲しい案件に、女性の採用希望者がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまったり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載される案件の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と考えたほうがべきです。

退職|近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。特許権を取得した経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、雑誌で紹介された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしも、あなたがヘッドハンティングらしい連絡をもらった際には、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。たまに、ヘッドハンティングと称して、登録料を払わせようとする会社がありますが、そういったものは間違いなく嘘であるので相手しないのが賢明です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が支払うものではありません。

後悔しない転職を目指すのなら、前に行動をしなくてはいけません。

後悔しない転職するとを目指すのなら、事前に行動をするようにしましょう。それには今は名前を知られていない小さな会社でもHPに会社の紹介を書いているというのが多いので、インターネットの機能を利用して自分の知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社について疑問を解消しておくと良いでしょう。加えて公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのもお勧めです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。転職の候補にしている企業を自分の目でチェックしてみることも大切です。

退職|近頃パソコンで調べればネット上には、今では「転職に役に立つサイト」に類するも…

近頃はパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では、「転職に関するサイト」に類するものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その無数のサイトから自身が求めている転職先というのを見付けるためには、まず、情報収集が必要です。こんな転職サイトを上手く利用することでスムーズな転職を叶えられます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用できるサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。

看護師という職の人の違う職業に転職の原因は人によりけりです。

看護師という職業の人のそれと違う仕事に転職する原因はその人によりけりです。看護師でありながらの転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産それから子育てそのうえに親の介護など、身近な家庭環境のいくつかの変化によって今までと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満がある」など多種多様の理由が考えられます。ですが、転職を決める前に転職したいと思うに至った理由をリラックスしながらそして客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」ともう一度考えたうえで決断しておくと間違いありません。

退職|これまで経験したことがない業種などに転身するときに・・

全く経験のない業界などに転業したいと考えているときには、以前の業界で培ってきた腕前やこれまでの経験を発揮することができるというアピールがいるようになります。その分野に勤務したことがない人は経験のない分だけその業界で経験してきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自分自身の持っているスキルがその場でも十分に生かせるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になる場合も多くあります。そのような訳で、経験のない業界にチャレンジする際には、その分野と自分がこれまでやってきた職務とのかかわりを必ず見つけ出してみましょう。

再就職する際、とても重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

再就職をする場合、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」になります。普通一般的な面接の際は面接担当者が当人に対して転職の動機や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当者から「弊社に関して何か疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が緊張して急なことなので戸惑う事もありまよすね。後々後悔しないように面接の前には疑問点などの聞きたいことを整理しておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

転社を度々しないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるコツは容易に知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、刺激をたくさん受けることができます。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国してみると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態で面接を行えば、これまでとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。ですが、退職後は精神面がダメージを受けやすいので回復したあとで行動するようにしましょう。

女性が転職する際、今現在とセクハラが問題視される前…

女性が転職するに当たって、数年前と近年とでは多少の変化があります。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などについて、当たり前のように質問されることが多々ありました。ですが、現在の流れとしては、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない会社が増えています。そしてまた、名の知れた大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ですが実際、企業側は、YES・NO、で返答するのではなく、その人の人生観結婚後・育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思っています。自らの価値観を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に話すことで面接担当官にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。というワケで、質問されていないことでも、先にあなたの側から配慮し、答えておくのが良いです。

退職|日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ですが、当たり前に転職が可能だと思い込み軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。転職するには大切なのはタイミングです。その基本として、現在の職場・仕事内容について具体的に、不服に思っている点を5~10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、行動を早めに取り、良い職を手に入れられるように取り組むことが大切です。

転職の際の採用面接では、中小企業クラスの場合、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、…

転職の際の採用面接では、小企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあります。直接、これから仕事をすることになる部署の責任者、わかりやすく言うと管理職クラスである課長や部長が面接することも決して少なくありません。とくに営業系や事務系に再就職する場合は資格による具体的なイメージはありませんので、自主的に自身を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接担当者から「この人は、堂々と発言してるし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

転職をするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

新しい職を探す際、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」すなわち斡旋してくれる会社がありますが、もしあなたがそういった業者に登録し、めでたく新しい仕事を見つけることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就業しても給付されないので気を付けるべきです。他方、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらった会社に就職したときは、就業のための準備費用として一時金が支給されます。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。これについて理解していないと、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

もしも転職することが、今勤めている会社の人たちがあなたの退職を知る…

転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が一変するかもしれません。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。時には、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のようなトラブルを避けるためにも、今所属している職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い空気をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を去ることができます。また、円満退職になれば、転職後にも、何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。どのような会社であっても、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。