失業した人がもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが・・

失業したときに給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、…

失業した人がもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付される期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって変わり、90とか120日とか決定されるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って転職活動をしてもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。面接に応じる担当者もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況によっては、面接担当者から何をしていたか質問されることになり、答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、採用されることはまずありません。

退職|転職によって職場を一新するということは、自分自身に適・・

再就職によって仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合う職業を見つけたいものです。うってつけの仕事にありつくことができるかもしれません。しかしながら、マイナスの面も持ち合わせていて、相応の努力やスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。逆をいうと、あなたの力量次第で、「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。今は、職業選択の自由が一般的に認められているので、転職しても偏見を持たれてしまうおそれもありません。終身雇用制度が死語となりつつある現在は「とにかく良い人材が欲しい」と希望する企業もだんだん増加しているので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。

退職|以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

今までは、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。というのは、大手の転職サイトは特性上、都心の求人情報しかないからです。このため、求人を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。求人募集をするいくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着型なため、とても信頼性が高いです。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と思われている人も多いとは思います。思いのほか、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もし転職したい場合は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのような多くのお知らせやメールが送られてくることもありません。

退職|仕事の面接で着るスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の…

転職の面接で着用するスーツの色は、新卒の方が就活の際にに着用している色味が基本となっています。ということは、黒や紺といった感じのような暗めの色合いになるわけです。それは転職の場面においても、着ていくスーツの色味に関してはこのような暗めのカラーが多数で、そうでない色を着用している方はほぼいません。強いて言えば、グレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、一般的には黒や紺とかのスーツがほとんどなので、面接を行う人事から見ても黒や紺色のスーツの方が違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

退職|転職活動における最後の問題として、今勤めている企業からの退職があります。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、現在勤めている会社の退職があげられます。転職先から採用の内定をもらえたとしても、現在働いている企業があなたを慰留しに掛かるかもしれません。仮にそうなったとしても、障害を乗り越えて退職する、という強い気持ちを保つことが大事といえます。たとえ会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきましょう。そのあとで、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を撤回する考えはありませんと、正直に伝えます。円満退職をすること、これも一つの転職活動です。

仮に再就職を考えたとしても、あらゆることがうまく進行…

実際に、転職活動をはじめたとしても全てがうまく進行するという確証はどこにもありません。どうせするなら、そのうちに転職するつもりならあなた自身が若いうちになるべく早く転職を試みるべきです。一般的には、30代前半まではかなり有利ですが、30代後半~40代に達してしまうと転職そのものがとても厳しいものと理解しておくべきです。管理職など、要職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の仕事は続けながら時間をかけて注意深く行動したほうが良い、ということです。

新卒で入社した会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入社しましたが、決意を新たに転職しました。はじめは相当に悩んでしまいました。社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、多数の人が転職をしていることを自身が転職活動をしたことで分かり、自然と将来の不安が解消していきました。1回転職したことで徐々に精神的にも余裕がでてきて、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といったような考えの方も、もちろんいますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私自身、転職を経験して良かったと思います。

転職活動を始めるときに、今の会社を退職してからと考える人もいるようです…

転職を考え始めたときに、今の会社を辞職した後でという方もいますが、そのような場合ボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが支給されるのがあとわずかだったら、その後で退職届を提出するという考えも賢い方法です。ボーナスだとそこそこ大きな額なので、頂いておいた方が良いと言えるでしょうから、退職の際には会社がいつボーナスを支給するかについてまず第一に確かめておくと得策です。

転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのです・・

自らが転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーのレベルも色々で大方は満足できない感じる方ばっかりでした。こちら側は人生かかっているのにもっと一生懸命に臨んでほしいという落胆した気持ちが募り、そんなことがあったこともあり自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するのに費用も掛かりました。それに加えて資格取得のための勉強もかなり大変ではありますが、求職中の人に頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

退職|そのうちでも転職活動を予定しているのなら、今いる職場や…

これから転職を希望しているのなら、直近の業務での不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平があるから転職しようと思っているはずです。でも「今の仕事や業務の客観的にみた不満なことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を防ぎやすく、成功することができると思います。

安定的な生活を手に入れるために正規の雇用社員になりたいと考えている人…

安定した暮らしを願い「正社員」として働きたいと思っている人は相当数います。役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員としての転身がうまくいかないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集があっても、正社員の求人募集以外は気にも留めず応募しない人も少なくないでしょう。仮に、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員の求人募集にも目を通してみましょう。企業のなかには、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転換が図れることもあるからです。ですから面接時に「正社員登用」の可能性をヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。

求人関連の情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人情報を見る場合、例えば、デスクワークがしたいからと、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そうした人には「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部署もとても多いです。けれども、製造業の職場はビジネス街から距離があります。そのため、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。とはいえ、自分の執着をなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

退職|転職しようと思うなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職を考えているのならいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。中でも、転職した年度は、ほとんど研修期間が含まれているというのが少なくありません。自分の場合は苦労して転職したのに、なんと年間報酬が前職と見たところ同額ということがありました。さらに、業務内容はかなりキツく、立場上、責任重大で最初の一年を乗り切るのに本当に労力を伴いました。そういった実体験をしたからこそ、初年度はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職するよりも前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

昨日転職の準備をしようと人材バンクに登録をしに足を運びました。

先日仕事を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。カウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私が話したことの50%も彼は理解できてない感じでした。しかも「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが大事です」等、一丁前のことを偉そうにしゃべるのでとっても不愉快でした。カウンセラーはいくらか能力のある人にしてほしいと思います。

例えば、現職からの転職の決心を固めたなら、完全に周…

万が一、現職からの転職の意思を固めたのなら、徹底して周りの人にはこっそりとそれを告げないように、首尾よく活動していき、転職先が決まっていない間は、あくまでも社内の人間に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのがもっとも賢明です。転職先が決まっていない間、この状態を維持していれば、希望通りの条件にあう働き先が容易に見付けることができなくても、転身時期を先延ばしにしながら現在の職を続けることもトラブルの心配がありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、同僚はそれを受けた態度を取り始めます。そのうえ「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あの人はもうじき転職する」と広まります。そうなると、転職したい思いが薄れ、「やっぱ退職しない」となっても、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、身の置き所がない思いををするリスクがあります。