退職|転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡が何回も入ります。

転職サイト一旦登録すれば、電話・メールがしつこく掛かってきます。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。初めて利用した人は非常に驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが業務ですので、かなり積極的な姿勢でいます。とりわけ大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多いものです。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れたすぐ後に、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように注意しておきましょう。
  • 退職|転職活動には、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職にあたって然るべき準備はしなければなりません。なかでも、目に見えるファッションは誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、ここ数年の、企業面接では私服がOKな会社があるので、ビジネススーツを着て面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。さらに、私服を見せることで面接のなかで、洋服の話題に発展しやすいです。ですから、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、これから転職にトライするなら「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • はじめて「失業保険」を受けるとき、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている・・

  • はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても受け取れると考えている人がとても多いですが、それは誤りです。実際は、希望通りに受け取り続けるためには、職探しを行っていなければならず、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月周期で職員に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。仮に、真剣に就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、強制的に給付をストップされたり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために注意が必要です。
  • 退職|転職期間ではつい時間に余裕がある分、気が緩んでしまい・・

  • 転職期間中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。しかし、そんな風な過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。不思議なもので、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、「心」にも悪影響があるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力がなくなり、生活ができなくなり困る事態となりかねません。このように、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社がきちんと見つけられなくなります。次の仕事を決められないのは、お金を最優先に考えてしまうからです。給料を最優先に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 退職|転職を成功させるための企業の面接に関して、やめておいたほうがよい…

  • 転職時の会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、残念なことに採用を逃してしまいます。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「休暇」など、通常はかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に尋ねておくと、最終的に絶対に自身のためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけと質問をすると、最終的に不採用になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、けれども、意外なことに、プラスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。ついつい多数の人が気を遣いモジモジして質問できません。それを逆手に取って、「勇気のある人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。
  • 再就職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来る場合もあります…

  • 再就職の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと書いてある場合もあるようです。しかし、なかには、クールビズで面接に行くのは実際は悪い印象を与えるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを背負いこんでいる人に言いたいのが、クールビズを指定された面接の場面では伝えられていることをそのまま守った方が安心できます。色々迷ってしまい、夏にびしっとスーツを着込んでいくと不自然に思われます。ですから、企業側からクールビズ可と伝えられたらクールビズで構わないのです。
  • 退職|就職活動において、ポイントになるのが年収です。

  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接において、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、今の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなることを招きかねません。
  • 退職|昔働いていた会社でのことですがつらく当たる上司に困ってしまい、…

  • 初めて働いた会社で感じの悪い上司に悩みを持ち、結局仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、ある他の同業の会社に職を変えました。その会社ではパワーハラスメントもなくきわめて満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ会社が収益を上げられなくなり、結局は経営統合されることになりました。偶然にも経営統合の相手はなんと前にいた会社で、感じの悪かった上司がもう一度私の上司になることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当然新たな転職先を探す活動を始めようと思っています。
  • 退職|自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。

  • 得意なことや好きなことを仕事にしたいと思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが高じて、以前は、飲食店(レストラン)に勤めていた期間があります。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまいました。ということが引き金となって職場を去ったのですが、その影響で、大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物すら嫌いになり、その系列の店にはしばらく経った現在も行けません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、それを実現させることは素敵なことです。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。
  • 今現在のあなたの仕事や職場に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

  • 今現在の自身の職場・仕事内容について不満に思っていることの中に、「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してもらえない」そして、「賃金は変わらないし、出世の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。とはいえ、そんな風に感じている人の中には、自らの才能を過大評価していることが少なくありません。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と無駄にブランク期間ができるおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。ですから再就職で良い成果をあげるためにも、自分のキャパシティを客観視することが大切です。
  • 転職することが、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知・・

  • 転職することが、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記のようなトラブルを回避するためにも、仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうしておけば、良い状態のまま最高の形で会社を退職できるはずです。さらには、トラブルなく退職できれば、転職後、何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どのような企業も人とのつながりが重視されるので、辞める前のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。
  • 数年前は求人誌に雇用側の希望する「性別」がきちんと明記されていました。

  • 数年前の求人情報に雇用主が求める人材の「性別」までハッキリと記載されていました。ところが現在では、男女雇用機会均等法が施行され、男女の求人や、採用での差別をしてはならないとして、応募条件の中身に「性別」を明記できなくなりました。それでも、募集情報を出す会社は、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。現実問題として、実は男手を希望の業種に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍している仕事場です」と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておく良いです。
  • 退職|転職活動を始めるとき、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりし…

  • 転職をする場合、はじめに、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調べると思います。ですが、当該会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろと文句をつけて退社させないように謀っています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。
  • 転職をするときに重視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 転職する際、比較的重要なのが「面接」になります。よくある面接では面接官が応募者に対し、転職をする理由などいろんなことを尋ねられると思います。そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら転職希望者から面接担当の人に聞いておきたかったことなどを質問できます。面接官から、「弊社に関して何か疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに緊張のあまり、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に面接官からの問いに対し、答えを準備しておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 退職|女性の再就職については、数年前と今現在とは若干の違いがあります。

  • 女性の転職に際して、現在と数年前では若干、変化が見受けられます。かつては、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることがほとんどでした。ですが、今はその手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業、が当たり前になりつつあります。また、とりわけ大企業ほど、神経を尖らせているようです。けれども、企業側は、〇か×ではなく、その女性の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思うはずです。自らの考えを理解してもらうためにも、自己PRや志望の動機の中に織り交ぜながら伝えることで、面接担当官にも認識してもらえ、安心できると思うのです。ですので、聞かれていない箇所についても、あなたから気を遣って答えておくのが良いでしょう。