転職の時に用意する必要がある履歴書などに関してですが、…

退職|再就職しようとする時に絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書に関してです…

  • 再就職の時に絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などにおいてですが、原則、パソコンで作成するというのがほとんどです。日本に関しては履歴書や職務経歴書はパソコンを使わずペンを使って作成するというのが一般常識だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実際には、転職に関しては履歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。自筆を高く買う企業もあるようですが、そうではない場合がずっと増えてきているようなので、自筆の履歴書でなくてもOKな場合はかなりあるのです。
  • ”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ただ、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に仕事を変えたいと考えているなら、適したを的確に捉える必要があります。まず第一に、今現在の職場、や仕事内容について、不服に思う点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きにしてみましょう。こうすることによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして決断したらできるだけ手早く、今よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。
  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。

  • 近年、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの専門業者も増加しています。「特許」を出した人などは、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を出した人、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングの誘いを受けたなら、思い出してみましょう。極稀にヘッドハンティングと称して、登録料を要求しようとする会社もありますが、そのような業者は例外なく詐欺ですから騙されてはいけません。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • いい会社に入りたいと転職をする活動中の場合には「ちょっとでもは・・

  • 新しい企業がいいと転職をする活動をしている中のときの場合は「1日もはやく、採用通知が手にしたい」と思いがちです。しかしながら、採用通知が欲しいばかり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、またその反対に過小評価するかのような言動はゼッタイにしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちを抑え、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 退職|職探しをするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 就職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、あなたがそういったところに登録し、幸運にも仕事が見つかった場合でも、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険をもらうことはできないので注意する必要があります。これと異なり、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職したときは、就業の準備金として「一時金」を受け取ることができます。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを知っておかないと失業中に給付金をもらえなくなるので、注意が必要です。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動する人は年々増加しています。そうとはいえ、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、転職フェアを活用することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。そこに足を運べば多くの企業について知ることができ、加えて、フェアに参加している企業スタッフから、企業の個性を伺えるはずです。仮に、転職フェアに行くときには、面接を受けにいくつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。その結果としてフェアでの交流の中で企業に自分の魅力が伝われば、後に採用面接でアドバンテージになるはずです。
  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって…

  • 社会的な転職事情ですが、今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々に展開されています。経済政策ともに日銀主導の金融政策とも相まって、財界や企業間においてもあたらしい変化が増えつつあります。その余波を受け、一般の企業では労働人口の減少による人手不足が社会では多いな問題として取り上げられています。なお、「外国人の労働者」の比率を現状よりも増加させていく、であると現政権は宣言しています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実です。
  • 転職しようと思うのなら、今の仕事・業務で感じている不満点…

  • 来週からでも転職しようと考えるのなら、今現在の仕事や業務の何が気に入らないのかをリストアップしてみましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不平が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「しっかりと今の業務や仕事の客観的に考えた問題点を明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることはできます。
  • これまで私は、「転職サイト」を利用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • 以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。理由は、大手の転職サイトはどうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。であったので、求人情報を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に根ざした情報が都会以外での転職には役立ちます。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている方も多いかもしれません。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、数年以内に転職しようと考え中の方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトみたいに執拗な電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、一定の・・

  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方をあらかじめチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私自身、産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思えば「本当によく耐えたな」と。
  • 転職における面接などに関して面接担当者が名刺を手渡してきたら…

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を差し出されたとしたら、あなたも同じように相手の方に名刺を差し出すべきであるのか?と迷ったら、たいていは差し出す必要のないもの、と考えておいてください。面接は仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動内のことです。ですから大体の場合は名刺を交換する時間ではありません。そのうえ、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方はもらうだけで大丈夫で、相手に渡すことはまったくないと考えられます。
  • 新たな勤め先でこれまでに身に付けた能力を活用できれ…

  • 再就職した会社でそれまでのスキルが生かせれば、即戦力として高く評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるし、人を雇おうとしている雇い主としても即戦力は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。それに加えて以前の業務内容と似ているなら転職はかなり楽になるでしょう。そういっても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、一流企業の事務系の仕事や、公務員系はいつの世でも中々の競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 退職|再就職の際の採用面接では、中小企業だったらほとんどは「人事」が面接担当になります…

  • 再就職の際の採用面接では、規模の小さい企業であればおおよそは人事担当者ですが、場合によっては違うこともあるようです。たとえば、今後一緒に仕事をする管理職、一言でいえば部長や課長などの管理職クラスが担当することになるでしょう。特に、事務・営業などのカテゴリでは、資格による見極めが難しいので、堂々と自分自身を売り込んでいくことが大事です。面接官から「この候補者はしっかり主張するし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。
  • 転職のため職探しをする場合に特に注意すべき求人の募集内容は…

  • 就職のため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることが少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料形態に残業代を組み込むというシステムです。(ちなみに、これは違法ではありません)『みなし残業代50時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。でも、悪質な求人にはこの『みなし』を意図的に表記してないこともあるので気を付けてください。
  • 知人による紹介で転職先を見付ける人がいます。

  • 知人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。でも、転職をした先の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報を鵜呑みに判断するのは問題になるおそれがあります。そういうのは個人の口コミというのは、主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。要するに紹介者にとっては、とてもよい職場環境に思えても、、自分自身にとってはイマイチな場合があります。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。