もしも転職することを、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

退職|もし転職前、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまう…

  • 転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまうと、その状況が悪くなる可能性があります。働いている会社の環境によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。時には、残業時間を意図的に増やされることもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。なので、上記のような状態を避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気をギリギリまで残したまま、仕事を辞めることができます。しかも、円満退職になれば、転職後にも、あなたが何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どのような会社も繋がりなので、仕事を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。
  • 数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」が、もれなく記載されていました。

  • かつては求人誌には、雇用主の希望する「性別」が当然のように書かれていました。しかし、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用において、男女差別がないようにしないといけないという決まりになり、募集要項に男女の文字を見ることはなくなりました。けれども、募集を出す側としては、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。現実問題として、実は男手を希望の会社に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、会社側が働き手は女性を必要としている、と読み取ることが良いでしょう。
  • 転職をするにあたってはまず第一に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

  • 転職を行うとき、事前にネット上の求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するとは思います。しかしながら、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった社長の方針や社員の感想については、そのままを信じるよりも、疑いながら読むべきでしょう。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。
  • 退職|再就職では、とても重要視されるのが間違いなく「面接」である。

  • 転職時にとても重要なのがまぎれもなく「面接」になります。普通一般的な面接では、応募者に対して転職に至った動機などいろんな質問が飛んできますが、そして、面接の終盤になると、次は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。例えば、「なにか弊社で働くことについて、聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。こんなときは、対応できず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後々後悔しないように面接の前には面接官からの問いに対し、質問の内容を準備しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 女性の再就職において、今とセクハラが問題視される前・・

  • 女性が転職する際、数年前と今日とでは多少の変化が見受けられます。以前は、結婚観や結婚後の仕事などに関して、ごく当たり前に質問されることがほとんどでした。ところが、最近の動向としては、結婚などについては、セクハラと企業側が捉え、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そして、特に大企業ほど、かなり神経質になっています。ですが、面接する側はYES・NO、の2択ではなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自分自身の考えを知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、企業側にも認識してもらえ、安心してもらえると思うのです。ですから、質問されていないことでも、先にあなたの方から率先して話をしておくのが良いでしょう。
  • 退職|今の時代の企業の雇用事情が目まぐるしく変わってきたこと…

  • ここ最近の企業の雇用に対する考え方が激しく変わってきたことに際して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど鋭く感じ取っているようです。それはたぶん、自らの将来を見据えた動きなのでしょう。ですから、働き手の労働市場の流動化が進行しているようで、一層、将来、より広い世代で転職についての関心が強くなると予想されます。このような状況下の中、仕事を変えることは至極当然のこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「転職」は印象が悪く、それで損してしまうこともたくさんあったのです。しかし時代の流れとともに今現在の会社に執着する意味も必要性も特に無いように思います。
  • 今がんばっている転職活動の際、「自分はかつて、このような職場…

  • 今がんばっている転職活動中に、「今までにこういった仕事に従事してきました」「過去の仕事では、手にした経験は、、、です」と実績などを強くアピールする人はとても多いです。しかし、転職先の再スタートを狙う職場で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「こういうような内容の仕事ならできれば貢献したい」と将来のプランを話して自分自身を売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職するにあたって、失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職する際、現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もし自らの希望によって退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果ハローワークの担当スタッフと口論していたのを以前見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付されます。
  • 退職|転職サイトは大規模なサイトの方が掲載される求人情報が豊富なため、…

  • 転職サイトは大きなサイトの方が多くの企業が掲載されているため、関心のある2~3社を、とりあえずウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。しかし、初めに限っては登録するのに多少時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。
  • 派遣会社に登録し、働く人が現在増加しています。

  • 派遣会社を介して働く人が近頃は多くなってきています。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかを可能な限り面接時にたずねておきましょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがほとんどです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、悪い業者では、3割しか支払われていなかったということもあるのです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので可能な限り別の派遣会社で登録されることを推奨します。
  • 転職活動中はとにかく、最初にゼッタイに自分自身の心のうち・・

  • 転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれゼッタイに自分の心が静かであるということをとても重要視しましょう。まだ辞めないで転職をする活動をしている場合、あまりそうでもありませんが、退職してしまってからする場合だったら、かなり心が焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明瞭化しておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが矛盾していないか、改めて冷静に見極めていきましょう。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(業種…

  • 今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職種)があったら、100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス面について知ることはできません。ネットで調べればネット検索によってカンタンに瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そのような面を知らずに会社に入ると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」といった場合が多くを占めるため、気になった案件について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 派遣社員であっても、1年ごとに自身の好きなタイミングで辞められるワケではな…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動を通じて理解しました。結婚した後、落ち着いたらできればすぐさま子供を持ちたかったので、子供ができるまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の会社で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員よりも給料は少なかったのですが、仕方なく時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。でも、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員であったとしても、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、ちょっと困っています。
  • 最近はPCやスマホを使えばわかるけどインターネット上には、…

  • この頃スマホを使えばわかるけどインターネット上には、いわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい点在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分が欲している転職先を探すためにも、まずは情報が大事ですから収集が必要です。「転職サイト」をしっかり使うことで、よりスムーズな転職先探しが可能です。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。
  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職する際には面接が必須となります。人事から「転職理由をお聞かせください」といった形で、訊かれるのは確実です。そのとき、どんな理由があっても、前の仕事場での人づきあいや働く環境が悪かったという返しなどは、できればやめておいたほうが良いでしょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正解なので、あくまで「新しい職場においては、スキルを生かしながら、キャリアアップを目指していくつももりです。」といった未来に目を向ける形が好印象となります。