このような話は兄の友人から聞いた話です。

退職|このような話は従妹の旦那の話です。

こういう転職ができたという話は従妹の旦那の話です。就職活動を始めて新卒の時にぜひとも入りたかった憧れていたA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、それから先仕方なく別の会社につきました。それから1年経過したぐらいに派遣の求人サイトの中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、いてもたってもいられず当時働いていた会社をすぐに辞め、A社で派遣での就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってその後予定通りにA社で正社員になり、今は仕事に誇りを持ちながらいきいきと仕事しています。

もし、転職の決めたのなら、まったく周りにはこっそり…

もしあなたが、現職からの転職の決断したなら、まったく周囲にこっそりとその意思がばれないように、首尾よく活動していき、転職先が決まらないうちは、徹底的に社内の人間に悟られないよう平常通りに業務をこなしていくのがとても正解です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、たとえ条件にあう働き先が簡単に見付けることができなくても、転職を引き伸ばしながら、現職を続けることもできます。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人間は、その言葉に合わせた態度をとるようになります。それどころか周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あいつは転職する人」という位置づけになります。そうなってしまってから転職の気持ちがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人は「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍しているあいだ、立場が悪くなると感じるかもしれません。

退職|転職先を決める際、むろん仕事におけるやりがいのアップと…

転職を行うなら、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも大事なことなので「年収サイト」というところに登録して事前に調べています。全く一緒の会社でしかも同一の職種、社歴なのに人によってとても違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「高い収入で書いているのは、書いた方も誰であるのか予想がついているのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。ですが、忙しく仕事を行いつつ求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいです。現在の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、いざ面接というときに辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募した場合でも、応募した企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを理解しておきましょう。

今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得のほかに個人事業主を目指す人も増えています。

今では、株・不動産投資といった、不労所得のほか、個人事業、起業等、一概に「会社員の道こそが正義」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長の頃の際には、どう転ぶかわからない個人事業や株式よりも雇われているほうがはるかに安定性がありました。人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていた。しかし、そういった時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名が言い表されています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

退職|転職サイトに登録した場合、頻繁に電話やメールをしてきます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。初めて利用する人はとても驚くケースが少なくありません。転職エージェントは転職を後押しすることが業務だといえるので、大変積極的です。中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合よりも企業側を優先させることが珍しくありません。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでた瞬間に、入社を強引にすすめてくることがよくあります。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように充分に注意しておきましょう。

退職|転職活動では、それなりの準備はやらなくてはいけません。

再就職にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える服装は大事に感じてしまいます。でも、ここ最近の、採用面接については形式ばらない服装がOKなところも多いので、ビジネススーツで決めて面接に臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創設してすぐの企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良い印象を持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接時に、ファッションについて、話が広がることもあるので、担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、転職をするつもりなら、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても受け取れると考えている人…

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が少なくありませんが、それは誤りです。実際には、失業保険の給付をもらい続けるためには、職探しを続けていることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、本気で就職活動をしていると判断されれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。その反対に、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、当然問答無用で給付がされなかったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、充分に注意しましょう。

転職の間は、どうしても、時間が有り余っているため、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。

転職期間中は、つい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そんな風な過ごし方は避けたほうが賢明です。人というのは、気の緩んだ、だれた生活を続けると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。気が付くと、仕事をしようとする気力がなくなり、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先が見つからなくなります。再就職先が決められなくなるのは、給料を一番に考えてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

転職先での会社での面接でのしてはいけないのは過度に猫かぶりは、…

転職時の採用面接では、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫をかぶることは正直に言って逆効果になる可能性があります。そうなる前に思い切って面接の際は「残業」などの、普通であればかなり質問しにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、自身のためにもなります。実際には「そのような無神経な質問をすることで最終選考に落とされるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、けれど、意外と面接官からの印象もいい直結するといいます。これらの労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。そこで、一歩踏み出しておくと、「ほかの人とは違うな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

退職|再就職の時にする面接では会社側からクールビズでお越しくだ…

転職の面接においてクールビズで来てくださいとと事前に言われる時もありますが、クールビズの格好は良くない印象になるのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する迷いを心に背負いこんでいる人に伝えたいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接は書かれていることを守った方が確かです。色々迷うことによってしまい、猛暑の中クールビズでないのは相手に不自然に思われます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司に憂鬱な気分にさせられ、…

在職していた会社で相性の悪い上司に神経を削られ、最後には我慢できずにその会社は辞め、同じフィールドの別の企業に変えました。そこではパワーハラスメントもなくきわめて充実した日々が続きましたが、時が経つにつれて業績が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、おまけに非常に嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。どれだけ縁があるのでしょう。もちろん新たな転職先を探す活動を始める予定です。

大好きなことを仕事にしたいと考えている人は気をつけた方が良いです。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて飲食業界(レストラン)で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。そのことが原因で、退職する羽目になりましたが、その影響で、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物さえも嫌になり、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めた当初、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に見直す必要があります。

現在の自身の勤め先や仕事の中身について何かしらの不満に思うことがあるはずです。

今現在の自らの勤め先・仕事内容について大半の人は不満を感じていると思います。「自身の能力(スキル)をきちんと評価してくれない」そして、「給与アップもないし、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満が多くを占めると思います。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には本人が自分自身の本来の技量を実際よりも過大評価していることが少なくありません。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、自分に合った求人がないと、無駄にブランク期間ができるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。そういうわけで転職活動で成果を上げるためには、自分の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。