今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし・・

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり…

  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な企業の場合は公表されるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだまだ問題が多いというのが現状です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を一点ずつ色々と質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、その場では答えられないなど逃げ腰になるでしょう。給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をすることが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    求人についての情報を見てみると、大部分の場合はたいていの会社で・・

  • 求人関連の広告には、とうぜんまともな会社では月の給料等が記載されています。でもこの月収の欄を調べれる時には、注意深く確認する事が大切です。その額の多い少ないだけを見て判断しないようにしましょう。そのわけはもしかすると、月収の金額の中身が月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。それは残業代を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。また、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあります。ですから、こういった応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

    看護師という職の人のほかの職に転職を決断する原因は・・

  • 看護師という職の人のそれ以外の職業に転職の理由は人それぞれではないでしょうか。看護師が他の職業への転職するには「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産さらに子育てそれに親の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、今までのような働けなくなってしまった」「稼ぎに不満を感じている」というような悩みが考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決める前にどうして転職をしたいとと、今一度時間を掛けて再度、現状認識をしてみることも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。

    退職|転職を成功させるためには、事前の情報収集をしておきましょう。

  • 転職することを成功させたいのなら、事前に徹底した情報収集が不可欠です。そうするには近頃はたとえ中小企業でも公式ホームページを開設しているというのがほとんどですから、インターネットを駆使してあれこれを調べておくとそれとその会社についてわからない点等を整理しておくと転職に役立つはずです。それと公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも有りだと思います。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補にしている企業を自分の目で見てチェックしてみることも大切です。

    あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、再就職を考える際は、…

  • 自身のスキルや資格を武器に転職する場合は、比較的、再就職がしやすいジャンルと比較的、再就職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう業種としては、慢性的に人手不足である「医療・介護」がとても有名ですね。医療・介護は、看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今現在、医療従事者として働いている人が、諸事情によって、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、ですから、容易に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

    再就職する時に必ず準備する履歴書や職務経歴書に関してですが、…

  • 転職をする時に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などにおいては、たいていはパソコンを活用して作るのが通常です。現代の日本においては履歴書や職務経歴書は自筆で作るのが一般的だと捉えられている面もありますけど、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの時であって、実際には、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は手書きじゃないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く買う会社もあるようですが、違う会社がずっと多くなってきていますから、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でもOKなケースはけっこうあるのです。

    退職|昔から日本には”石の上にも3年”という諺があります…

  • 日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。とはいえ、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職しようと考える場合、大切なのは適した時期といえます。その基本として、今現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満に思う点を約10項目紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、迷うことなく、良い職を手に入れられるようにがんばりましょう。

    近頃はウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。

  • 今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許を出した経歴がある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を提出した経験がある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったのなら、そのキッカケを考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の業者は完全な嘘なので、騙されないようにしましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が負担するものではありません。

    転職をしようとがんばっているときの場合には「ちょっとでも早・・

  • いい企業につきたいと転職をする活動中の人とは「1秒でも早く、内定がもらいたい」と思いがちです。でも、そのために良い知らせが欲しいあまり、自分の能力に関して嘘をついたり、また反対に安売りするような言動はなるべく避けておきましょう。焦る感情にぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く探していきましょう。

    退職|就職活動をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン・・

  • 仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を使うこともあるでしょうが、もしもそこに登録し転職先が決まったとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。なお、ハローワークを通じて斡旋された会社に就業した場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取れたりもします。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。これを踏まえておかないと、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

    転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動することは現在の常識かもしれません。さらに、転職先を確実に見つけたいのであれば、その上に転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することでいろんな企業について知ることができますし、それに加え、説明員等の雰囲気から、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けに行く心構えで自身を売り込む気持ちで行きましょう。フェアを通して企業に好感を持ってもらえたら、後で面接等に進む時に大きなアドバンテージになるでしょう。

    退職|政治によって変化の出始めている転職事情ですが、現在の安倍内閣によって、…

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍政権下では「アベノミクス」や三本の矢で経済政策が次々に展開されています。金融政策との相乗効果によって、財界や企業間においても今までにない変化が顕在化しつつあります。そういった変化が加わったせいか、企業のあいだでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。ちなみに外国人の労働者も今以上に高めていく前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

    いよいよ転職することをするのなら、直近の職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部…

  • いよいよ転職活動しようと考えるのなら、今いる仕事や業務の何が気に入らないのかを明確にしておいた方が良いです。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点にガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。しかし「きちんといまの不満なことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションのダウンを未然に防ぐことができます。

    今までの私は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • かつての私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、いつも都心の企業の求人がほとんどだからです。であったので、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より多少給料や労働条件で差がありますが、昔から地域に根ざした企業もあり、安心できます。ですが、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると先入観を持っている方も多数いるかもしれません。以外にも、転職サイトとは違った求人もあるので、近いうちに今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトのような多くのニュースレターが来ることもありません。

    「シフト制」の仕事についてです。

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方についてはあらかじめ確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は出産のため休む人の代わりに正社員として働き始めたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任者が「土日」に必ず出る人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、本当に異常な職場だったんだと思います。