再就職の時にする面接ではクールビズでもOKとと連絡が来るケースもあります。です・・

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで良…

  • 職を変える際の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと言われる場合があります。ですが、クールビズで面接に行くのは悪いのでは?と思ってしまいます。そのような思いを心に背負いこんでいる方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接時は書かれていることを素直に聞き入れるほうが大丈夫です。疑心暗鬼になり、夏の暑い時期にクールビズでないと不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、クールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

  • 就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうのです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 退職|新卒後最初に働いた会社で反りが合わない上司に悩まされ・・

  • 勤務していた会社で反りが合わない上司に神経を使い、ついには我慢の限界を超えてその会社を退職し、同業者の別の企業に転職をしました。そこでは会社の雰囲気がよく非常に充実した毎日でしたが、じわじわと業績が悪化して、ある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合した先の会社がなんと以前勤務していた会社で、それどころか大嫌いだった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけご縁があるのでしょうか。当然ながらまた転職活動を開始しています。

  • 退職|自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私は、食べることが好きだったのですが、それが高じて、かつては、飲食業界(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、そのお店で私が任されていた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまいました。ということが原因で、職場を離れることになったのですが、その影響で、あんなに好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌いになってしまい、類似の飲食店は現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、まじめに見直す必要があります。

  • 今の自分の職場や業務の中身について何かしらの不満点があるはずです。

  • 今の自分の仕事や勤め先に関して、不満の中に、「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正当に評価してもらえない」ゆえに、「報酬は上がらず、将来的な昇格もまったく期待できない」といった不満が多いように感じられます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自分の持っている才能を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った企業や職種がないと、中々転職先が見つからないことになりかねません。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。そういうわけで再就職を円滑に行うためには、あなた自身の能力を知る事が大切です。

  • 退職|もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が大きく変わるおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今現在の仕事場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、会社を去れます。そして、何の問題もなく円満退職となったなら、転職後にも、困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。会社の大きさに関係なく、どのような会社であっても、人との縁は重要なので、仕事を辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。

  • 何年か前までの求人誌には、雇用主の希望する「性別…

  • 前の求人情報では、雇用側の希望する「性別」がきちんと書かれていました。ですが最近では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女の求人・採用差別をあってはいけないルールができて、募集要項の条件に「性別」を明記できなくなりました。とはいえ、求人を出す側としては、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。実際問題、実は男性が必要な会社に女性が募集にやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と捉えておく良いでしょう。

  • 退職|転職活動を行うにあたっては、最初に、ウェブ上の求人サイトを見たりして…

  • 転職活動の際は、事前にネット上で求人サイトを閲覧したりして転職したい会社を調べると思います。ですが、その会社が情報を掲載する際には、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。その種のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それをすべて信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に情報を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、あれこれ理由をつけて退社できないように策を練ってきます。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 再就職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」である。

  • 転職時にとても要となるのが「面接」なのは間違いありません。よくある面接では面接官が応募者に対して、転職をする理由や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できます。担当者から、「なにか弊社について疑問点はありませんか?」と。と聞かれた際に緊張状態で、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に面接官からの質問に対し、質問の内容を用意しておくのがベストです。具体的に知っているわけではありませんから、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 女性が再就職する場合、今と一昔前では若干、変化があるといいます。

  • 女性が再就職するに当たり、ここ最近と数年前では若干、変化があるといいます。かつては面接の際に、結婚の予定や出産後の方針に関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。でも、最近では、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かれないことのほうが多くなってきています。特に大きな会社の場合は、かなり神経質になっています。が実際、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その人の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。あなたの価値観を理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて話すことで会社側も考えがわかり、安心してもらえると考えられます。たとえ、聞かれていない箇所についても、先にあなた自身から積極的に答えておくのが良いです。

  • このように今の時代の雇用事情の大きな変化において、全世代の中…

  • 現代の労働背景が大きく変わったことに当たって、全世代の中で若者の世代が特に関心を持って見ているようです。大方、今後に備えようとしている段階のような気がします。こういった背景からサラリーマン・労働者といった人たちの「流動化」が顕著になっているため、加えて、今後、若年層以外の層にも転職の関心が増えていくのでしょう。「流動化」が背景にあることで、会社の転職は誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、転職者をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。ところが、時流が変わったせいもあり、現在の会社に固執する意味が段々と薄れてきています。

  • やっている転職活動で「今まで、こういった価値のあるの…

  • がんばっている転職活動時、「私はこれまでこのような内容の仕事をしてきました」「仕事の中でこういったスキルを手に入れました」とそれまでの自身の実績をアピールする人はわりと少なくありません。が、志願し新たな組織で「そのうちこういったことをしたい」「私が言ったようなことであれば貢献したい」と将来のプランで自分自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 転職をするために今働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

  • 転職を行うにあたり、今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、自分が望んで退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職であった場合はすぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないともらえないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定が下ったのち即座に失業保険が給付されます。

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、…

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載され案件の量も多くなるので、興味を引く2~3社を、とりあえずは転職者登録して、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、加えて条件に適合する案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと転職情報が集めやすくなります。だとしても、はじめは登録するのに幾分か時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後々のためにも、初めの準備をしっかり行うことをお勧めします。

  • 退職|派遣社員として仕事をする人が近頃増加しています。

  • 派遣会社に登録した上で働く人が規制緩和以来、増える傾向にあります。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをできるだけ面接の際に質問しておくべきでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムです。現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い場合は、労働者に2割しか還元しなかった、というケースも多いといえます。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能な限り異なる派遣業者で登録されることをおすすめします。