転職活動をしていれば、面接で必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、面接のときに間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、正直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由について隠さずに話すのは問題です。たとえば給料の不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。さらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機にすり替えてしまうのです。

退職|転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として…

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、「現職の退職」があげられると思います。転職先の企業が決定しても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと引き留めることは多々あります。そのようなケースでは、絶対に退職をあきらめない、という強固な気持ちを維持することが必要といえます。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。それから、決定権のある上司と談判し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動を成功させるためには必須です。

ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわら…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人がなんとなくよく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみるとたぶんリフレッシュな気持ちで自分自身に合った会社に飛び込んだものの、「自分の考えていた職場とけっこう違っていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」という理由で退職してしまうのじゃあないかと思います。でもこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、まずは事前の情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤にかかる時間、など多角的に前もってチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

退職|現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用して自身の能力を思う存分発揮できるよう・・

あなたが現在、「転職サイト」を活用して自分のやりたい分野のあるストレスを感じずに働ける企業情報を見ているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰でも見ることが可能な公開求と人非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん良質といえます。そればかりか、あなたの条件にピッタリなものを調査した上で紹介してくれます。そのおかげで、あなたの理想とするあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが独自に行き当たりばったりに探すのと比べれば何倍も効率がいいです。そのうえ転職を成功させる近道といえます。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職を決断しました。

新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職することにしました。会社を退職する前は、長い間悩みました。しかし、新卒採用で入社した会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであると自らの転職活動で理解し、無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。なにより1度、転職したことで自然と肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分のやりたいこと」を見つけることが前向きに過ごせるようになりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職してみるも大事だと思っています。

退職|転職における採用面接に赴きました。

転職における面接に赴きました。たまたま会社の会議室が空きがないとのことで会社の外で面接をする方と待ち合わせをして面接を行って、その場所で解散をし、面接担当者も会社には帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が一緒。結局は電車の中においても面接官とずっとお話しながら帰ることとなり、おかけで打ち解け話が盛り上がり、それがプラスに働いたのか何事もないまま採用をゲットすることができました。

退職|あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」におい・・

もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」のように、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、国内全エリアの求人も容易に得ることができますが、ですが、地方での求人の場合、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのがデメリットといえます。したがって転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもきちんとチェックしておきましょう。そうした機関の就業サポート系のイベントについてもアンテナを張っておきましょう。

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『転職したい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、いろいろあって退職出来たのはこの年の11月です。希望では仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに会社や上司に対して呆れてしまいました。

求人誌をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど…

求人に関係する情報をチェックする際、例えば、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そのような人は、「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる職もかなりの数あります。けれども、製造業の仕事場自体、ビジネス街から外れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。でも、自らのエゴをなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

退職|3日ほど前転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に行きました。

昨日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者がどうも新入社員じゃないかと思う人で、私の説明の50%もわかってはいない様子です。さらに悪いことに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが大事でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうにしゃべるので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリング担当者は多少は社会人の経験がある方にするべきだと思います。

自らが転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

いくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルがまちまちで大抵は物足りなく感じる人ばかり。こちらは人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという願いが積もり積もってしまいました。そんなことがあったこともあり自分がキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得はコストもいりましたし資格取得のための勉強面に関してもかなりハードですが、就職活動の際に信頼される人になるべく努力しています。

転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが・・

転職する場合は、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。あるいは、実際には『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、火消ししなくては!」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかる可能性が高くなる、と捉えておいて問題ないと思います。何より、善良な会社だったらトラブルとは無縁です。

退職|再就職をする時に閲覧することになる募集内容は一般的なものとし…

転職をする際に注意を向ける募集内容は目安として書かれている、という可能性も少なくはありません。なので、記載されている内容は100%正しいものだと思うのはやめておいたほうが賢明です。その中でも特に給与の金額などにおいては、社員を平均した額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような読みができない人はたくさんいて自分で勝手に決め込んでしまうと、今後、そのことを悔いる事も少なからずあるでしょう。そんな訳で、そんな風にならないためにも、募集内容に関しては、参考程度に考えて、そのようなとても重要な内容は会社側に直に問い合わせた方が適切でしょう。

転職というものをする場合、そこでの給与について気にしすぎる人が…

転職について考えた場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、かなり多いものです。たいていの方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を稼ぐために仕事をしているのでしょう。だから年収がどれだけかは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もありますから当然大切と感じるのは当然なのですが、それにしてもあまりにもらっている年収の額に固執しすぎる人生というのも寂しい気がします。それより年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることはあるからです。

昔は看護婦と言われていた看護師は働く者として女性のかなり…

以前は看護婦と呼んでいた看護師は資格として歴史的背景から女性比率がかなり大きい職です。ご存知のように気力・体力のひどく消耗する職場ともいえます。そのために、職場環境での人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業でもあります。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多いといいます。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。つねに各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しする要因になっているのでしょう。