退職|仕事を変えると、高い確率で以前の会社の仕事は大方は美化された記憶となります。

退職|転職すると、高い確率で以前の仕事での記憶は美化されます。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は前の仕事での美化された記憶となります。現実には今の仕事が向いていないと感じたから、そういった思いをクリアするために思い切って退職を決め、再就職を決めたはずなのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか新しい会社よりも「前職のほうが心地良かった」と感じ始めるのです。それというのは当然のことで、以前の職場では日々の業務を把握していて、簡単にやるべき仕事も淡々とできていたからというのが理由にあるはずです。でも、「退職などするべきでなかった」と真剣に感じるほど、以前の仕事の方が職場の雰囲気や職場の雰囲気が良い可能性もあります。

    退職|クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接にチャレンジするときには・・

  • クールビズの服装で転職の面接に行くときには、ジャケットにおいてはやはり着なくても大丈夫だと間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が無難です。タイに関してもなくてもOKだと考える企業も存在するケースもなくはないです。ですが、ネクタイに関してはクールビズが推奨されていても着用するべきだと決めているところがいくつか存在します。という訳で、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイに関してはしていく方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。

    大半は大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • ほとんどの場合大手企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。それに、都心以外だと転職の可能性がずっときびしくなります。でも、「製造業」関連であれば、都市部でない地方の工業団地近辺に製造工場を構えていることが多々あります。また、そういう地方の工場なら、事業分野の拡大などの節目に「途中採用」を行っているので、このタイミングを見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する企業についての予備知識をあらかじめ収集しておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人の予定がないか、頻繁に確認しておきましょう。

    失業した際に受け取れる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。期間の制限がないと勘違いして失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて仕事探しを始めてもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった点はだいたいバレると思っておくべきです。ヘタをすると、面接の時にその手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。

    退職|転業を予定しているのなら、いろんな企業をチェックすること…

  • 再就職を予定しているのなら、労を惜しまずに多種多様な会社の採用情報を普段からチェックしておくと転業した後の見る目にかなり役立ちます。あなたが現在の職場にやりがいを感じていない場合、本腰を入れて転職活動を始めたときにどんな企業でもいいように見えます。そんな状況に陥ってしまうと、どの企業を選択すべきか迷ってしまい、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。そうすると、最終的にはあっという間に退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先情報を開示していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

    仕事のために回復が難しいほど心的につらくなり、職場を変えなくては、という気持ちになったな・・

  • 働いていることで回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、家族などの近しい存在の人と相談して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。どうしてかというと、仕事をするのはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い給料を得たからといって、精神がダメージを負うほど我慢して働くのは好ましいとは思えません。現代は、金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も段々と増えつつあります。ですから、あなたの身内、あなたの心と体をいたわりましょう。

    退職|派遣で就業しています。労働契約法が原因でやむを得…

  • 派遣で就業しています。派遣法とかのからみで残念ながら馴染みのある企業での仕事の契約が終了します。同じ派遣の方の中には、派遣先の会社から正規社員のポジションを得た人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言うと仕事の能力というよりは派遣先の上司へのあしらいがうまい方でお引き立てがあったよう。仕事を行う能力よりもおじさんに媚びるスキルの方が重要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣の同僚と職場で不満をたれる日々です。

    もし転職を考えているなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • もしも転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておけば、転職時でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。そんなわけで、在任期間中が資格取得においての一番最適といえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、現在の職を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。しかも、資格を手に入れることで転職先の面接の時には面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

    長く接客関係で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて…

  • 長年接客業で仕事を続けてきたのですが、加齢が原因か立ったまま行う仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を目指して行動しました。事務が未経験だと少々難しく、そうであれば接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人医院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰宅時間も遅いのですが、とりあえずはキャリア形成の時と観念して頑張ります。

    転社を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

  • 退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、精神面を強くするための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そして、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えさせてくれます。たとえばズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え面接を行えば、今までの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかし、退職後は精神面が弱くなっているので、心の回復のために休みも必要です。

    このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣会社に登録しています。インターネットサイト内でふと自分に合っていそうな仕事を見つけ出して尋ねてみると「そのお仕事はすでに別の人に決まりました」と言われて一瞬ウェブサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、翌日見るとまた情報が掲載されています。ということは結局私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことであればカドが立たないくらいで正直に教えてくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。はたまた客寄せのための存在しない架空の仕事なのでしょうか?

    転職活動といえば、希望先転職先の会社企業というより・・

  • 転職活動は、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官との勝負ともいえます。しっかりと採用してもらうために、初歩としてあまり意識せずに焦らず、平常心でいるように心がけましょう。お見合いをする、といった気持ちでいる望むのも大事でしょう。面接を通じてまず第一にあなたの人柄や人間性を判断してもらうので悪い印象を与える身なりは気をつけて控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

    派遣先が決定しました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当者…

  • 派遣の仕事が決まりました。勤務1日目に派遣会社の営業担当者と就業先近くのコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、彼がなぜかコンビニエンスストアの前にいなかったので店の中にいるのではないかと考え店の中に入ってみたところ、営業担当者はなんと雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて見ているところを発見!自分の担当者がここまで酷いのはとてもじゃないけどできないことと判断し、挨拶もせず店の中から出てすぐさま派遣会社に辞退の連絡をしました。

    転職の際、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ覚えていてほし…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしてもらいたい点が複数あります。一般的に派遣社員に対して、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」のような業務をなんとなく想像する方がおそらくいるはずです。かく言う私もそう勘違いしていました。現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「担当する業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。でも、実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。毎回、あれこれ要求されますし、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    ある古物商の人員募集にて、書類審査を通過しました。その・・

  • とある古物商のお店で、書類選考に受かったので、面接の日時について相手方から連絡をもらい、ですが、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。しばらく待つと、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、始終驚くほどだるそうな対応の状態のままグダグダな状態で面接を終えました。2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、気になったので、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でそこでまた連絡をしたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話を切られました。呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、内心、採用されなくてよかったです。