退職|転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動すること自体、一般化してきました。とはいえ、転職先を確実に見つけたいのであれば、その上に転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことによっていろんな企業について知ることができますし、同時に、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。転職フェアに行くときには、面接に行くつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それによりフェアを通して自分の能力や人柄が評価されれば、後で本格的な面接時にかなり有利になると期待できます。

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに次の世代の変化が現れ始めています。その変化の中で、企業伸長とともに労働人口減による「働き手が足りないこと」が深刻な社会問題になっています。将来的に「外国人の労働者」の割合を増やしていくつもりでいるつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

退職|転職活動をするに当たっては、今現在の仕事の何に不満を感じているのかを…

これから転職活動をするに当たっては、現状の仕事や業務での納得いかない部分を明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと不満があるから転職したいと考えているのは分かります。でも「ちゃんと現在ある職場の問題を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。そして、もしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を防ぐことが可能です。

これまでの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で探していました。

今までの私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を使っていました。というのは、大きな「転職サイト」は、いつも都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったため、転職時は「ハローワーク」しか利用していません。やはり、掲載される多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着といった点では都会以外での転職には役立ちます。「ハローワークは地味なイメージがある」と思われている方も多数いるかもしれません。良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、そろそろ退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに行って相談してみてください。転職サイトのように大量のお知らせやメールの心配も無用です。

退職|これはシフトの仕事についてです。

これはシフト制の仕事についての話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、シフトの出し方や休む手順については、前もってチェックしておくべきです。私は過去に、出産のため抜けた人の代役として、正社員として勤めることになったのですが、そこが「土日」固定のシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が「土日」に必ず出れる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思えば本当に異常な職場だったんだと思います。

転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合、…

再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されたら、自分も同様に名刺を渡すべきであるのか?と迷った場合は、ほとんどは差し出すことはないと考えておきましょう。面接というのは仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動内のことなので、普通一般的には名刺を交換する時間ではありません。重ねて、会社の者として出向いているのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。それゆえに、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらに関してはもらうだけで問題なくて、相手にあげる必要性はないと判断できるのです。

退職|新しい環境下で過去の能力を活かすことができれば、即戦力と周囲から見られ…

新しい環境下で今までに培ってきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力となって割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり会社サイドしても、そのような能力がある人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。更に以前の仕事内容と似ている仕事内容なら見込みはおおいにあります。そういっても、即戦力な人材であったとしても、大手企業の事務仕事や、公務員系は時代や景気に関係なくかなりの難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職時の面接では、中小企業であればほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、…

再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だったらほとんどが「人事」が面接官となりますが、その他にも例を挙げるとしたら、今後職場でかかわりの深くなる現場の担当者、わかりやすく言うと課長や部長などの管理職が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。中でも営業や事務の場合は、資格のみでは人の評価が難しいですから、積極的に自身をアピールしていくようにしたいものです。面接担当者から「この男は、堂々と自己発言してるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。

転職のため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容…

就職するため職探しをするときに気を付けるすべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間の併記がされています。月の中で残業が発生することが想定されるのであらかじめ給料に残業代を組み込むというものです。(注意・合法です)もしも求人に『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料がもらえます」という話になります。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』を表記していないこともザラですのでよく気を付けてください。

知人による紹介で転職する先を見つける人もいます。

人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。…が、転職をした先の労働環境やその他の労働条件といった点に関して紹介者からの口コミ情報のみであんまり信じすぎてしまうのは、あまり問題になることが多いです。というのも、そういう口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。友人の立場では働きやすい働く場所だったとしても、あなた自身には、イライラするだけの環境なのかもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、最後は自分の目でしっかりチェックしてみてください。

職を変える時に必要なビジネススーツの色合いに関しては…

職を変える時に必要なビジネススーツの色においては、新卒の就職活動に身に付けている色が安全です。要するに、黒系や紺系といったダークな色合いになります。それが、再就職のケースであっても、着ていくビジネススーツのカラーに関しては新卒の就活の時のようなカラーが多数を占めていて、黒や紺以外の色の転職者はほぼ見ることはありません。あえて言うならば、まれにグレーを着ている人がいるくらいで、全体的な割合をみても黒や紺色のスーツが圧倒的に多いので、人事側からしても黒とか紺のスーツを着ている人が自然に見えます。ですから、第一印象という観点ではおすすめということになります。

退職|転職先を探している期間中は、自身の趣味に没頭したり…

転職期間中は、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活がベストです。採用が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に打ち込んでいたおかげでいつの間にか集中力が養われています。さらに体力アップしていることで他の社員さんたちに比べるとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。というワケで、退職して転社先が決まるまでは趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。再就職先が決まり、職場のなかであなたと同様の趣味の方がいれば、話が盛り上がるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

退職|楽しみを見出しながら再就職をすることができれば、精神的な重荷が減少するの・・

楽しく転職活動と向き合っていけば、メンタルを脅かされることがないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるはずです。しかも精神的な箇所が健全な状態であれば、直ぐに転職が出来るでしょう。ベストな形は、やはり、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることです。今の会社を退職せずに新たな職場を探すのが良いでしょう。それに、間をおかなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうすることで、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、上手に転職活動を進めてみましょう。

安定した人生を送りたいと「正社員」として働きたいと考えている・・

安定的な暮らしを願って正規の雇用社員として働きたいと考えている人は多数だと思います。にもかかわらず、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても正社員のためのキャリアアップが難しいこともあるでしょう。非正規雇用者の求人募集が目につくのに正規雇用の求人以外には目も通さず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万が一、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正規雇用者に応募する事も考えた方が良いでしょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の手腕によって、2,3年で正規雇用への転換を狙えるところもあるからです。ですので採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかをヒアリングしておくと人生設計にも役立ちます。

退職|就労期間中なら、可能であれば、周囲に気づかれないように、…

雇用期間中は、可能ならば、会社内の人にバレないように(私の経験談ですが)前職中に「転業するかも」という意図だけを早いタイミングで同僚にほのめかしたことがありました。にもかかわらず、その後求人誌を必死に色々とみていったのですが、悲しいことに就職先も時期などすら無計画なまま決まらず時間だけが経過してしまいました。そして当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。