転職サイトは一度登録すると、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。これに関して初めて利用する人はかなりびっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職を助けることが業務なので、非常に積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職したい人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちを明確にしておき、安易な妥協をしないように充分に注意しておきましょう。
  • 再就職する場合、準備は必要不可欠です。

  • 再就職する場合、それなりの準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見えるファッションは気にしている人は多いはずです。でも、最近の採用面接については私服がOKな会社も多いので、ガッチリとスーツで決めて面接に出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創設間もない会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、印象が良くなります。また、正装ではないので、フランクに話をしやすいのもメリットといえます。そして私服だと、面接中、服装の事で話題が広がることがあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。ですので、今から転職は会社の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • はじめて「失業保険」を受ける際、じっとしていれば給付されると考えている人…

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が少なくありませんが、それは正しくありません。本当は、「就職活動」をしている必要があり、その上で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。これに対し、真剣に就職活動をしていないと思われたり、毎月の職員との面談に参加しない場合は、情け無用で給付をストップされたり、以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために気をつけておきましょう。
  • 転職の間は、つい時間があるため、だれた生活になってしまいます。

  • 転職の間は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。でも、そのような生活を常態化させるのはキケンです。なぜかというと、だれた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか働く気力も失い、経済的に困ることにもなるでしょう。そうなってしまうと、悪いサイクルがさらにつづき、次の職場をなかなか決められなくなります。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうためです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。
  • 退職|転職時の会社での採用面接での勘違いしている人が多いので…

  • 転職の際に必須となる会社での面接でのしてはいけないのは採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、正直なところ不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「給与」といったような、通常なら触れにくい内容を思い切って率直に質問しておくと、あなたのためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけと質問をすると、面接で採用されないのではないか」と危惧するかもしれませんが、けれども、かえって面接官からの印象もいいことは最終的には可能性が高いといいます。こういったお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいうものの、面接の場ではなかなか聞きづらいのも事実です。それをあなたが勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。
  • 転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでも大丈夫ですよ…

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てくださいとと言われる場合がありますが、クールビズのスタイルで赴くのは印象が良くないのではないか?と懸念する人もいます。クールビズの悩みを懐に感じている人たちに進言したいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われているのであれば、伝えられていることを守った方が堅いです。混乱して、すごく汗がでる時期にクールビズでないと逆に不自然ですから、クールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで良いのです。
  • 退職|就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接では、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みは極めて小さいです。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。
  • 退職|勤めていた会社でパワハラを行う上司に悩まされ、つい・・

  • 在職していた会社で反りが合わない上司に頭を抱え、結局我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者の別の企業へ乗り換えました。転職先の会社では気分よく仕事ができ非常に満足の日々でしたが、ちょっとずつ業績が落ち込んで、最後にはとある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にもその統合した先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、しかもものすごく嫌いだった上司がまた私の上司となることに。どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然新たなる転職活動を開始する予定です。
  • 得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は要注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私は、食べることが本当に好きでそれが高じて、以前は、飲食の世界に勤めていた期間があります。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、職場の人間関係にすごく悩まされました。そのことが理由で、仕事をやめたのですが、同時に、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになり、似たような店にはしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の好きなことを仕事にしたいと願うのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて見直す必要があります。
  • 退職|今現在の自らの勤め先や業務内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 今の職場や仕事に対する大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキル・能力が誠実に評価してもらえない」さらには、「給料は上がらず、レベルアップする可能性も見いだせない」といった点が多くを占めるでしょう。ですが、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの本来の才能を「過大評価」していないか、改めて確認する必要があります。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と再就職先が全く決まらないおそれがあります。可能性が少なからずあります。再就職で成果を上げるためには、「本来の自分の能力」を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。
  • もし転職前、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまう…

  • もしも転職することを、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると雰囲気が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに「転職します」と口にするのは注意が必要です。そういった状態を避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を辞めることが出来ます。そして、円満退職に至れば、辞めた会社にあなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業種に関係なく、どこの企業も、人とのつながりが大事なので、会社を辞める時のトラブルはしっかり回避しておきましょう。
  • 今までは求人情報に募集条件の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。

  • 数年前は求人誌には、雇用側が必要とする「性別」について、当然のように記載されていました。しかし、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が採用時にあってはならない事が決まり、応募資格の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、募集する企業側には性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。実際に、男性が希望の案件に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例として、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのがトラブルを回避できます。
  • 退職|転職を行うとき、まず、ウェブ上の求人サイトを見たりし…

  • 転職活動を行うにあたっては、あらかじめ、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして働きたい会社の情報をチェックするはずです。しかし、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。その類の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。仮に情報を信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな難癖をつけて退社させないように謀っています。このようなブラック企業には注意が必要です。
  • 再就職において、とても重視されるのが「面接」です。

  • 転職をする場合、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。一般的な面接では、面接担当者が応募者に転職を決めた経緯など色々なことを質問されると思います。そして必ず、一通りの質問が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「何か弊社について疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまうかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に不安に感じていることや疑問などの(あなたからの質問を)準備しておくと良いかもしれません。冷静に考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 女性が転職するに当たって、現在と数年前では多少の違いがあります。

  • 女性の再就職において、今と数年前では若干の変化が見受けられます。一昔前は、「結婚の予定」や「出産後の仕事」など、当たり前のように女性たちへ質問していたのですが、今現在の流れとしては、その手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、質問しない企業が増えています。そして、特に大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。が実際、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その人の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自身の将来設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて話すことで面接官にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うのです。そういうわけで、たとえ、質問されてない箇所についても、こちらから気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。