退職|このところ私は派遣会社で働いています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。

  • 今、私は派遣会社に入っています。ウェブサイト上でなにげなく興味を引かれる仕事を探し出して問い合わせてみると「そのお仕事はすでに他の人に決まりました」と断られてしまい一瞬ウェブサイトから仕事の情報がなくなるのですが、翌日になればまた情報が掲載されています。これって結局は私だとダメっていう意味ですよね。そうであれば最初からカドが立たない程で正直に言ってくれるといいのですが、そうするのは難しいのでしょう。はたまた客寄せのためのダミーの仕事なのでしょうか?
  • 転職活動のコツは企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」との…

  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接で良い印象を与えるために、初歩として面接が始まる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする姿勢で望むのも大事でしょう。とくに面接官に対しては最も最初にあなたの「人間性」をチェックされるのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しやめましょう。また常識的な社会人らしく転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の初日に派遣会社で営業を担当している方と就業場所付近のコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、営業担当者がどういうわけか約束した店の前にいないので店内にいるのだろうと考え店の中に入ってみると、担当者はあろうことか雑誌のコーナーで座り込んでいやらしいグラビアのページを開けて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことと考えて、声をかけることもなくコンビニを出て速攻派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 退職|これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にチェックしていただきたいことがいくつかあります。なんとなく派遣に対して、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」などの仕事をなんとなくイメージする方が多々ありますよね。私自身もそう思ってました。現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応が主な業務」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ入社してみると、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を要求されました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とは全く違うので非常に困っています。今はただ「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格したので、…

  • とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。その後面接の日時について先方から連絡をもらい、だが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、どういうわけか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、終始呆れるほどけだるい表情を見せ、面接が終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、いてもたってもいられず、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かずもう一度問い合わせたところ驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とその直後、電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れて言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 転職活動をやっていると、面接時に高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて面接において高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは違い「転職理由」をありのまま話すのはキケンです。例をあげれば給与の不満、上司と相性が悪いことなど、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。とはいっても、過去のマイナス点をそのまま話す人は稀だとは思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、「御社に入ってから〇〇したいです」、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、現在勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の難問として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先を見つけたとしても、現在働いている会社が退職を引き留めるというのも起こりがちなケースです。そういったケースでは、障害を乗り越えて退職する、という強い意思を保つことが必要です。たとえ引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意します。そのあとで、決定権のある上司と相談し、退職を考え直す可能性はありませんと、はっきり伝えます。円満退社を目指すのも就職活動において大事なポイントになってきます。
  • このあいだ転職したというのに、早期に退職してしまうケー…

  • ちょっと前に転職したばかりであるにもかかわらず、すぐに退職してしまうケースがとても多いものです。何故そうなるのかと思うと私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで自分自身に合った職場に飛び込んだものの、「期待していた仕事とだいぶ違っていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」という感じで退職を決意するのじゃあないかと思います。できればこのような失敗を未然に防ぐためには、第一に、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、給与体系、などあれこれチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • もしあなたが転職サイトであなたの働き方に近い条件の魅力…

  • 現在の仕事に不満があり、転職サイトを利用してあなたの希望条件にマッチした働いてみたいと思えるような企業情報をあれこれ見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、その場で紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは異なります。なぜならどう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質が良いといえます。さらには、あなたにピッタリなものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近い求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、独自の力で手当たり次第に探していくのと比較すると非常に効率的です。ですからたいへん確実です。
  • 新卒で入った会社を辞め、決意を新たに転職しました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職した経験があります。退職した後はかなり悩み、辛い気持ちでした。しかし、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人がほとんどだということを転職活動をしていく中で学びいつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。なにより1回でも転職をすると不思議と肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。やはり「一通り経験してから」といった考えの方も、もちろんいますが、それが正しいのかなと思いました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。
  • 転職の面接を受けに希望先の会社へ向かいました。

  • 転職の面接に希望先の会社へ訪ねました。その会社で部屋が空いていないというわけで外のとある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接が行われ、その場で解散ということになり、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、驚くことに自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車の中でもずっと世間話をしながら帰宅することになり、緊張が解けて面接より話が弾んで、それがプラスになったのか何の問題もなく採用を獲得することができました。
  • もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお・・

  • 転職をするとき、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移り住んだうえで再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。昔と違って転職サイトを用いれば、地方での求人情報にも簡単にアクセスできます。残念ながら地方での求人については、都心のような選択肢は期待できないのが正直なところです。ですから、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所のサイトも見逃さずにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートのイベントにも見逃さないようにしましょう。
  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、このときに相談という形を取ると、上司に必ず言いくるめられます。また、実際に私もそういった経験があり、スンナリと受理されずに最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことをはじめて直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、思うようにはいきませんでした。やはり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに困ってしまいました。
  • 求人誌を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

  • 求人に関係する情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業を見逃してしまっていますが、そういった人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。現に、製造業での求人であっても現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材・購買や営業管理等の事務系の部門も多数あるのです。でも、製造業にはありがちですが、ビジネス街から外れた地域にあるのでそこがマイナスに感じられるかもしれません。ですが、自らのこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 先日新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

  • 数日前転職先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そこで登録カウンセリングの際に現れた担当の人の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員で、私が伝えたいことの2分の1もその社員は理解していないように思えました。それなのに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」等、一人前の話を横柄にしゃべるので非常に不愉快でした。カウンセリングをする人はそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと思います。