転職先にて、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

退職|転職の予定があるのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい就業先では「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、一年目はおおむね「研修期間」を含んでいる企業もケースが少なくありません。私自身の例では、やっとのことで転職したのに、期待とは裏腹に前の職場での年収とあまりイコールということがありました。さらに、業務内容はきついうえに、かなり責任が伴うもので、1年目を越すのも非常に骨が折れました。そういった実体験を踏まえると、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、なるべく転職以前の段階で貯蓄をしておくべき、と思います。

転職しようとしても全部が首尾よくいくと断言はできません。

仮に転職をしようと考えていても全てが首尾よくいくとは言えません。どうせするなら、いつか、しようと考えているならあなたの年齢が若いうちになるべく早く行動したほうが良いです。それには少なくとも30代前半までは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になると転職自体がたいへん厳しいものと理解しておくべきです。管理職などを任されているのなら、転職を意識していても今の会社に残ることも選択項目から除外しないでおきましょう。ようするに、退職届を提出後に転職活動するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、じっくり探すほうが良いということです。

退職|人生初の転職を行うのであれば、頭に入れておくべきな・・

人生ではじめて転職をするなら、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。その上で問題を改善できるであろう企業を選択していきましょう。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、現在の仕事を継続しながら就職活動していくことから、時間・体力に余裕がないと難航します。ゆえに理由を明確にせず転職しようとした場合、目標の途中で息切れしてしまいます。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動をスタートするのはやめておくのがいいでしょう。

これまで20代前半で転職を数回した為、いまは複数の資格をとるため・・

20代に転職を2回経験し、現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務とは違うのでどうしても毎月の収入が以前よりも少なくなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生の頃にいくつか資格を取り、仕事に活かしたかったという思いもあります。資格を活かして働いている方に会うと私もああなりたかったと思ってしまいます。以前までは成功している人と自分とのギャップに気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在では、結婚を契機に随分と生活自体が大きく変わり、以前よりも明確な進路ができて私も新たな目標に向かっています。

退職|近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな・・

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、できれば失業手当をもらうことをおススメします。これは会社側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、状況によっては企業の都合での退職や、残業時間によっては、すぐもらえる場合があります。なお、「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の給料を基準にして算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

退職|大きな転職エージェントに限って、いろんな案件を扱ってい・・

就職エージェントの大手に限って、いろんな案件があるという魅力がありますが、一方、転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。あなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェント側が「可能性が薄い」と判断すれば応募してもらえないことも多々ありますし、あなた以上に転職が成功しやすい別の人がいたとしたら、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。このように大手のエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変えて比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないか相談すると転職希望者のために動いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

失業保険の給付においては、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。しかし、現実的には「会社に行かなくてもいいし、とりあえずは仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが現実だと思います。というワケで、真剣に就業先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月のハローワークスタッフとの面談は当然必要ですが、「求人票」をチェックすることを最低限行わなければいけません。実際には探す気が無い時には、「求人票」をチェックするだけで、面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら無かった」と相手に言い、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

再就職する場合の面接で決まっているかのように質問される…

転職をする時に面接でほとんど尋ねられることが前に働いていた会社を辞職したのはどうしてなのか、という話です。この質問に答える時には話の中心を前職のことにしない方が安全です。会社を退職するに至った経緯にスポットを当てると必然的に面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいます。どのように進めればいいかというとなぜ前の会社を退職したのかという事をこの職場に絶対に入りたいと思っていたからといった話にするべきであり、自己アピールもかねて入社したい会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。こういった内容ならば悪い面ではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った事情にすることが可能です。

転職しようと考えている会社の見学は、すごく勉強になります。

転職先の会社見学ができれば、すごく参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られてワクワクします。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、日常の姿を見せてはくれません。その最たるものが、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿はみえません。ですから、仕事は見学で見たものだけだと解釈しないことがとても賢明です。また、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、気をつけましょう。入社してもいない人には仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証も一切ないので、担当者から勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。

退職|これまで経験したことがない業種などに職を変えようとするときには・・

全くの初挑戦となる分野などに転身したいときには、自分が以前の職場で身についたスキルや今までの経験を発揮することができるといった内容の自己アピールが必要になります。その分野で働いたことがない人は経験していない分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、足りない部分はありますが、自らが保持している力がその業界においても生きるということをうまく伝えれば、戦うことができる場合もあります。という訳で、経験のない業種に飛び込む場合は、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事とのつながりを必ず見つけ出してみましょう。

現代では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな…

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰を処する流れにありますが、完全には程遠いと思えます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それぞれの項目について聞いてみることです。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場では答えられない」というような逃げ腰になるでしょう。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、渋い顔をするケースが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、その会社に入社すべきではありません。

求人関連の情報を見てみると、大部分の場合は普通の企業で・・

求人広告には、とうぜん多くの職場では月収が記載されているはずです。でもこの月収欄については、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。実は会社によっては、月収の金額の内訳に「毎月15時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代を入れることで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあったります。だから、このような応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

退職|看護師という仕事の人の他の職業に転職に至る原因は、その人によって違うはずです。

それ以外の仕事に転職する理由はその人によりけりです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で配偶者のこともあって子育てそれから家族の介護など、仕事環境のさまざまな変化など、今までと同じような仕事が難しい」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような理由があり決して他人ごとではないはずです。でも、転職を実際に決断するまえに、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度沈着冷静に客観視してみることも重要です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。

良い転職する先を見つけるためには、最初に徹底した情報を収集することが不可欠です。

後悔しない転職を目指すのなら、行動する前に意味のある情報を集めることをしておきましょう。今は企業の名前を知られていない中小企業であろうともホームページで会社のことをわかるところが当たり前になっているので、インターネットの機能を活用してあれこれをチェックしておくとまたその企業についてなんだろうと思う点などをチェックしておくと転職に役立つはずです。公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補している職場を自分の目で判断してみましょう。

自分のスキルや資格をふまえて転職する際は、再就職し易い業界…

自分のスキルを武器に転職をするつもりなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を知っておいてください。転職がしやすい業界としては、たえず人手不足になっている医療や介護系の業種が代表的といえます。医療・介護は、看護師および介護士の「資格」が必須なため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、異業種に転職しようと思う場合は、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですので、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職をされるのであれば、医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。