退職|これは友達から聞いた話です。就職活動を始めて新卒の就職活動…

退職|こういう転職という話は友達から聞いた話です。

こういう転職というのは知人から聞いた話です。新卒の就職活動でどうしても入社したかった憧れていたA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、ですからやむを得ず別の会社で働くことになりました。それから1年経ったぐらいに派遣の求人サイトでA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、気持ちを抑えることができなくなって当時働いていた会社をすぐに退職して、A社に入って、派遣の業務を始めて、勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってその後なんとかA社で正社員として仕事をすることができ、現在は仕事のやりがいを感じつつ明るく勤めています。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の会社…

求人についての情報を見てみると、普通の会社では月の給料が記載されているはずです。だけれどもこの月収の項目については、その額の多い少ないだけ見て納得してはいけません。何故かというともしかすると、月収の額の内訳に月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。残業代の金額を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている会社もあります。ですから、そういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

退職|励んでいる転職する活動の際、「私は振り返るとこういった種類の…

がんばっている転職する活動時、「私は今までにこういった種類の仕事に尽力しました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を身につけることができました」とそれまでの成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしようと考える人はしばしば見かけます。ただし、希望する新しい組織で「させてもらえるのならばこうありたい」「私があげたような内容の仕事をするのなら積極的に参加したい」と未来形として自分をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職の間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある…

転職を決めるあいだは、どうしても、時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。けれども、そんな過ごし方を習慣にするのは危険です。というのも、緊張感のない、だれた生活をしていると、「心」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする気力がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまいます。そんな状態になると、悪いサイクルがさらにつづき、次の勤め先を見付けることが困難になってしまいます。転職先を決めることができないのは、給料を一番に考えるためです。給料を最優先に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

退職|転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

転職する前には、今の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変することがあります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そのようなトラブルを回避するため、今所属している職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、会社を退職することができます。また、円満に退職できたなら、退職後も、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえる機会も出来ます。規模や業種に関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりが重視されるので、仕事を辞める際のトラブルは、可能な限り回避してください。

退職|より安定した人生を手に入れるべく正規の社員として働くことを念頭に置いている人…

安定した生活基盤を送ろうと正社員として働くことを念頭に置いている人がかなりいます。ですが、努力しても、正社員のためのキャリアアップが難しいこともあります。契約社員の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人に拘り、時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万が一、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社によっては、成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。ですから採用面接の際に、こういった可能性を訊いておくようにすれば将来設計も組みやすくなります。

このようにここ数年の労働環境が大きく変化したことに際して、全世代の…

このように特に昨今の企業の労働環境が大きく変わったことに関して、34歳ぐらいまでの若い世代ほど鋭敏に感じ取っているようです。十中八九自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そのため、労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が活性化しているので、一層、この先、若年層の転職への注目が強くなっていくでしょう。労働市場の「流動化」が背景にあることで、転職することはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が機能していた頃には「会社を辞めて転職」は印象が悪く、それで損してしまうこともたくさんありました。ですが、今ではこの事も全く当たらず現在の会社に固執する意味がますます無くなってきています。

退職|転職活動をしている際に、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動を行っていると面接において高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに伝えてもOKですが、これと違って転職理由について正直に伝えるのは得策ではありません。報酬に関する不満、上司とそりが合わないことなど、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。さらに、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選択しました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

転職先でそれまでに培われてきたキャリアが生かせれば…

新しい仕事で、それまでの資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として周囲から認識され、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり会社側もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえあえば、うまく事が運びやすいといえます。それに加えて過去の仕事内容と似たジャンルなら転職は楽になります。かと言って、即戦力となる基準があなたにあっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代や景気に左右されることなくかなりの難関になることを肝に銘じておきましょう。

退職|知人の紹介で転職する先を見付ける人がいます。

知っている人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。…が、そこでの労働環境や、それに労働時間などの大切な部分を友人からの口コミをあんまり信用しすぎるとあまりトラブルになることが多いです。どうしてもある特定の人の口コミは性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。つまり紹介した人にしたら今よりずっとベターな職場であっても、自身には、まったくそう思えない場合があります。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

退職|再就職をする際の面接で着用する腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を…

転職の面接のときにする腕時計に関しては、どう見ても目立つような腕時計はやめておいた方が安心といえます。この目立つという意味は見るからに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなくそれとは真逆で安物の印象を与えるとか、そういった目立つという意味であって真逆の意味で目立つ、ということで考えておきましょう。再就職の面接のときにする腕時計はポジションとしてはネクタイやスーツと同様に、面接にふさわしい平凡なものを選択した方が好印象を与えてくれます。そうはいっても、自分の年齢にあっているということも大切で、新卒の時に買った腕時計よりは少しでも値を上げた方が良いと断言できます。

退職|ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、…

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、早期に辞めてしまうケースがけっこう少なくないのです。それはたぶん心機一転、新たな環境で勤務を始めてみたものの、「考えていた職場と堪えられほどかけ離れていた」「納得行かないのでウンザリしている」ということで退職してしまうことが珍しくないといいます。できればこのような、転職に関しての失敗を避けるためには第一に、転職先の情報収集を徹底しなくてはなりません。職場内の環境、業務におけるルール、通勤時間、などあれこれチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

退職|クールビズスタイルで再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットま…

クールビズの格好で転職の面接を受けに行く場合、ジャケットにおいてはやはり着ていかなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用していったほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくてもOKだと認める会社もあるケースもあるにはありますが、ネクタイにおいては例えクールビズだろうと必ずしなければならないとしているところがまあまああります。それゆえ、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイだけは着用して面接した方が安心であるということを分かっておいてほしいです。

転職というものを考える際、そこでの年収を気にしすぎる人・・

転職をする場合、転職後の年収ばかりに気を取られる人がとても多くいるようです。もちろん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として得るために働いているはず。だから自身の価値を測る指標という面もありますから当然大切なことは当然ではあります。それにしてもあまりに年収というものにとらわれすぎてしまう生き方というのも寂しい気がします。この世には収入に直結しない仕事であっても精神的に満たされる可能性があるからです。

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格したの…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐに担当者から、面接日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。ようやく、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、終始非常にだるそうな対応の状態のまま何とか面接を終えました。けれども、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で仕方なくまた問い合わせてみた結果、なんと、「残念ですが不採用」ということで、その直後、電話を切られてしまいました。私は呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、素直に、不採用でよかったです。