こういう転職ができたという話は従妹の旦那の話です。

このような話は従妹の旦那から聞いた話です。

この話は兄の友人の話です。就職活動を始めて新卒採用として絶対に入社したかった最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、そのため嫌々ながら他の会社に入りました。その後3年経過した頃に派遣求人サイトを見ていて偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、じっとしていられなくなって当時の会社をすぐ辞め、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。真剣に頑張ってその結果学生時代に憧れていたA社で正社員になることができ、現在では仕事のやりがいを感じつつ楽しく働いています。

万が一あなたが、転職を決心したなら、周囲にはそれを伝え・・

もしもあなたが、転身の決心をしたのであれば、あくまで周囲にはその気持ちを言わないように、首尾よく転職活動を進め、転職先が決定していないのなら、できれば周囲に悟られないよういつもどおり仕事をするのがたいへん利口です。その点を自覚しておくと、仮に希望に沿う転職先をすぐに見つからなくても、転身時期を延長しながら現職にそのまま継続してもできます。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、会社の人は、それに合わせた態度をとります。「辞めるつもりです」と言ってしまうと社内では「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そうなると、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、仕事を続けている限りは、立場が悪くなる思いををするおそれもあります。

転職ならば、当然やりがいを考慮することも大切だけど賃金が上がること…

転職先を探す際、当然やりがいを考慮することも大切だけどさらに収入が増えることも大切なポイントになるので「年収サイト」というところに登録して事前に調査をしています。同じ会社でその上同一の職種、経歴であるのに人によって無視できないほどの違いがある場合も数多くあって、正直に言えば面接時に質問したことがあります。面接官も同じサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた者も誰か察しがついてるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

転職活動を現職と並行する人が多いです。

転職活動を現職と並行している人が多いです。忙しく働きながら求人情報の応募に走ったり、面接に臨むのは心身ともにきついものがありますよね。転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、直接応募していたとしても、応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておくべきです。

退職|この頃では、株や不動産投資等の不労所得を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。

今では、株式・不動産投資などといった不労所得、もしくは自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、会社勤めだけが世の習いといった今までの見解も変わってきています。高度経済成長期に関しては先行きがみえない株式投資や個人事業よりも雇われているほうがずっと安定性にすぐれており、人生の花形として、またそれが自然のことのように一般の人々に認識されていました。しかし、そういった成長期は終わり、今現在は「成熟期」といった名称で付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

転職サイトに登録した場合、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は結構びっくりすることが少なくありません。転職エージェントは転職を推進することが役割だといえるので、非常に積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させると企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先させることが多かったりします。彼らは、成約数を増加させたいがために、内定がとれた瞬間に「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが必要です。

転職をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。

転職する場合、然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に見える「服装」は大事な部分だと感じてしまいます。しかしながら、最近の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可している会社もあるので、ビジネススーツを着込んで面接に行く必要がないケースもあります。とくに会社の設立したての会社などは、考え方が柔軟で私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、フランクに話ができるメリットも。さらに私服であれば、面接のなかで、洋服の話題で盛り上がる可能性もあるので、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ですので、今から転職は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

初めて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば受け取れると思っている…

生まれて初めて失業保険を受ける場合、何もしなくても受け取れると考えている人が大部分ですが、それは間違いです。実際は、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、職探しを行っていることが必要で、その上に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきに担当者に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。これに対し、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談を欠席したときは、アッサリと給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意してください。

退職|転職の間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある・・

転職先を探している間は、無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしまい、だれた生活になりやすいですよね。だとしても、そのような過ごし方を習慣にするのは危険です。不思議なもので、気の緩んだ、ダラけた生活が当たり前になると、「精神的」も不健全な状態になるからです。そのうち、仕事をしようとする意欲が湧かず、お金に困る未来がやってきます。そうすると、生活も仕事も悪循環になり次の仕事が決められません。転職先を決めることができないのは、お金を一番に考えてしまうためです。給料を一番に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、意識して避けるようにしてください。

転職の際に欠かせない面接でしてはいけないのは採用をされたいあまり過度に…

転職時の面接に関して、してはいけないのは採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりは、残念なことに採用を逃してしまいます。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」など、普通はかなり質問しづらいことを思い切って訊いておいた方が、絶対にあなたのためにもなります。実際には「採用前の段階で、そのような質問をすることで最終的に不利になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ところが、意外なことに、面接官に良い印象を持ってもらえる可能性が高いといいます。これらの「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。ですが、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」と面接官に印象づけられるのです。

退職|転職の面接において会社側からクールビズでも大丈夫で・・

再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズで良いとと言われることがありますが、なかには、クールビズの格好で面接するのは本当は悪いのでは?と考えてしまいます。そのような考えを心に抱え込んでしまっている人に伝えたいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接については伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが無難です。考えすぎて、暑い時期にしっかりとスーツを着ていくと暑苦しく感じられます。ですから、クールビズ可と言われたらクールビズで大丈夫なのです。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はほとんどありえません。現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追い込まれるおそれもあるので、注意しましょう。

昔務めていた会社で意地の悪い上司に悩みを抱え、ついに…

新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、その結果我慢の限界を超えてその会社を辞め、同じ業種の別の企業に変えました。その会社ではパワハラもなく満足の毎日でしたが、時が経つにつれて会社の売上が悪くなって、最後にはとある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にも経営統合したのはなんと前に働いていた会社で、それどころか大嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動をスタートしています。

退職|自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は要注意です。

自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きだったのですが、かつては、レストランで働いていたことがあります。その飲食店での仕事内容は、そのお店で私が任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しかったのですが、人間関係で嫌になりました。そのことが理由で、仕事をやめましたが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物さえも嫌になってしまい、類似の店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。

退職|今現在のあなたの勤め先や仕事の中身について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

今の自分の職場・業務内容について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の持っている能力(スキル)を正しく評価してくれない」そのため、「賃金は変わらないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満が多数を占めます。けれど、そのような不満が強すぎる人の場合、自分の持っている力量を実際よりも過剰評価してないか、再確認する必要があります。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と就職するまでの期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。そういうわけで再就職をスムーズに行うためにも、自分のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。