退職|新しい企業につきたいと転職で活動しているときの場合・・

新しい会社に入りたいと転職で活動している場合は「できるだけ早く・・

  • 今と違った職場につきたいと転職で活動している人の大半は「ちょっとでもはやく、内定がもらいたい」と思っているはずです。ですが、そのために内定を得たいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその逆で自分を過小評価するかのような売り込みをするのは可能な限り止めておきましょう。そうではなくて、焦燥感をガマンして、冷静に、そして客観的に、あなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

  • 楽しい気持ちを持ちながら再就職と付き合う事が出来れ・・

  • 将来に目を向け、楽しみながら転職をすることができたら、メンタル面での負担が減るので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。メンタルにも健やかな状態のままであれば、転職先も早くに見つかるはずです。理想とするのは、スムーズな隙間のない時間で新しい職場を見付けることです。今ある仕事をしながら、転職活動することが理想といえます。さらに、隙間をつくらなければ現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴への影響も回避できます。すなわち、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、うまく転職活動を進めてみましょう。

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが…

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付される期間について規定があります。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき慌てて転職活動を開始しても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接官からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用されることはまずありません。

  • 退職|転職をする際にチェックすることになる募集内容はだいたいのもの…

  • 再就職をする際にチェックすることになる募集事項に関しては、参考程度に、アバウトに掲載されている、という確率も少なくはありません。ですから、そこに記載されている情報はすべて正しいことだとは信頼すのはやめておいたほうが最善だと思います。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬に関しては一般的なのか?最低保証の金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?といった読みができる人は少なく、適当な判断で考えてしまうと、今後、そのことを悔いる事もあるでしょう。ですので、悔いることのないように、求人に掲載されている情報は一般的なものだと思って、そのような内容は会社に直に確かめるのがベストです。

  • 数年前の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」・・

  • 何年か前までは求人情報に募集条件の中に「性別」について、もれなく記載されていました。しかし今では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用において、男女の差別があってはならないルールが敷かれ、募集要項内に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。ですので、実は男性を欲しい業種に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、といった問題も無関係ではありません。求人情報で女性活躍等の記載がある場合、女性を希望しているのだと読み取ることが無難です。

  • 退職|転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行う人が多いです。けれども、仕事を行いながら求人を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて大変だといえます。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をパスし、面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを理解しておく必要があります。

  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適す…

  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自身に見合った新たな就職先を選びたいものです。勤務先、職場を変えると、自分に適した仕事に出会う可能性もあります。しかし、実際に行動するともなると、即戦力となりうるスキルが求められます。言い方をかえると、あなたの力量次第で、「天職」に巡り会えるチャンスも広がる、ということです。今は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認識されているので、仕事の環境を変えたとしても特に問題はありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業も増えているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

  • 転職を行うにあたり、失業保険に関する手続きを行う必要があります・・

  • 転職するにあたって、今働いている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もし自分が望んで退職届を提出して退職する、いわゆる「依願退職」の際には直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないともらえないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因となりハローワークの担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのち即座に失業保険が給付されます。

  • 退職|20代前半に転職を2度行い、そして現在、資格を取得したいの・・

  • 20代までに転職2回で、現在、複数の資格をとるために、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務を選択しなかったのでやはり給料は安くなりました。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生の頃にいくつか資格を取り、就職できれば良かったのに、とは思います。また、きちんと資格を活かしている人を見るとうらやましいなと感じます。今までは、うまくいってる人と自分とを比較して、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし今では、結婚をキッカケに生活自体が大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので楽しく日々を過ごしています。

  • 退職|この先、私たちの労働環境において、より一層短絡的な作業・・

  • 私たちの社会的環境において、今後段々とシンプルな労働は機械に切り替えられてその切り替えによってそういう仕事をする労働人口はどうしてもカットされていきます。というのは、単純労働では、人が作業するよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業を繰り返すことは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句も言わず、疲れもしない、ずるもしない、早いしそれを均一化できます。ヒトとは違い、給料も発生しません。ですから、労働力として人間を使う意味がなさすぎます。機械に置き代わるのも無理はありません。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。けれども、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。実際に転職を検討する際は、時期を的確に捉える必要があります。ますはじめに、現在の職場・や自分の置かれている立場などについて、納得できない点を5~10個ほど、リストアップしてみてください。そうすることで、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、尻込みすることなく、よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自らにぴった…

  • もしもあなたが、「転職サイト」で自分の可能性を広げてくれるストレスを感じずに働ける企業を探しているならば、「転職エージェント」は必ず活用しておきましょう。登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報とは違って比べようがないほどにかなり質がいいといえます。そして何より、あなたの条件にピッタリなものを調べたうえで、紹介してくれます。そのおかげで、あなたの希望のあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自身の力で手当たり次第に探していくことと比べれば、とても効率はいいです。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。ほぼすべての企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を見て面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が重要なポイントになってきます。ただ穴埋めするだけにとどまらず、内容を充実させることが必要です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き出しましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが得策です。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも転職を成就するための有効な手段だといえます。

  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている・・

  • 初めて失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が多数派ですが、それは間違いです。実のところ、失業保険を希望通りにもらい続けるためには、求職活動を行っている必要があり、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきにスタッフに求職活動の状況を報告して「この人は、しっかり就職活動をしているな」と見なされれば、翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に顔を出さないときは、ルールとして給付の一時停止に至ったり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう注意してください。

  • 転職のための面接に転職希望の会社へ伺ったときのことです。

  • 転職の面接に転職希望の会社へ赴きました。会社の会議室が空いていないというわけで外部のとある場所で人事部の方と待ち合わせて面接が行われ、その場所で解散をして、面接をした方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。ですから電車の中でも面接官と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することとなって、おかけで緊張が解けて面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのか何事もないまま採用を掴むことができました。