転職のための面接を受けに希望先の会社へ出向いたときのことです。

転職時の採用面接にとある会社に訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けるため希望先の会社へ行ったときのことです。社内の部屋が空きがないとのことで会社外部で採用担当者と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。なので電車内でも面接担当者とずっとおしゃべりをしながら帰宅することになって、その結果緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのか最終的に採用を獲得することができました。

  • 再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形・・

  • あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。一昔前とは違い求人情報サイトを使用することで地方の求人も手軽に知ることができますが、ただ、地方や郊外での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですので、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所のサイトも見逃さずにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

  • 『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が固いならば…

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら、辞職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。本来、仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、大変驚きました。やっぱり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底以前にも増して呆れてしまいました。

  • 求人誌をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど…

  • 求人をチェックする折、例えば、デスクワークがしたいからと、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そのような人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解している可能性が高いです。現に、製造業での求人でも、製造マンだけでなく人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される仕事がとても多いです。ですが、製造業の職場自体、オフィス街から外れた地域にあるのでその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。でも、こだわりを捨てて、素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

  • 退職|一昨日転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 転職先を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。カウンセリングの時に出てきた担当の人が見たところ経験の少ない社員のようで、こちら側が説明している話の50%ほどもわかっていない様子。それなのに「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくべきでしょう」とか、一丁前のことを偉そうに言い散らかすのでとてもイラつきました。カウンセリング担当者は多少は能力のある社員に、するべきだと思います。

  • 私は以前かなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、…

  • かつて何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々あってその多くは不満を感じるアドバイザーばっかりでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと真剣に臨んでほしいという想いが募りました。それがきっかけで私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。資格取得のためにはコストもかかりましたし資格取得のための勉強の面もとてもハードなわけですが、お仕事を探している人から頼りにされるように頑張っています。

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、…

  • 転職活動を始めるとき、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは絶対に利用すべきです。以前、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、違った視点から見ると、ウソの書き込みだったなら、会社としては放っておけばいいようにも思えます。しかし、実際は『クロ』で「このままではマズイと思い、一刻も早く火消ししたい」と思っているのかもしれません。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと見て良いでしょう。そもそも、いい会社だったら煙など立たないものです。

  • 退職|仕事を探しているときに目を光らせる求人情報に関して・・

  • 転職をする際に目を光らせることになる募集内容については参考程度に、アバウトに載っている確率もあり得ますので、記載されていることは100%正しいものだと信頼すのはやめておいたほうが賢明です。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与面においては、社員を平均して出した金額なのか?最低金額であるのか?最高額なのか?といった判断ができる転職者は少なく、適当な判断で解釈してしまうと、後から後悔することになる可能性も少なくはないのです。そのような訳で、そんな風にならないためにも、求人情報というのは、うのみにせずに、そういったようなたいへん重要な内容は会社側に直接確認を取るのが良いです。

  • 転職というものをする場合、その職場の自分の給与について気にする人が…

  • 転職というものをする場合、転職後の給料について気にしすぎる人がどうも多くいるようです。誰しも仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費のために仕事に打ち込んでいるはず。自身の評価としての側面もあるから大切なことは至極当然です。しかしながら、愚かにも年収額に固執しすぎる人生というのも寂しいものです。年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。

  • 看護婦という名前だった看護師というのは仕事としてどうしてか…

  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師は仕事としてどうしてか女性比率がすごく大きい職種です。ご存知のように気力あるいは体力ともに消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の人間関係の問題や、自分の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事です。実際、そういった問題によって転職する人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に困っています。最近は特に、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であるため、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

  • 退職|転職する際に行われる面接でつける腕時計の事についてですが・・

  • 再就職の面接のときにする腕時計についてですが、目を惹くタイプの腕時計は着用しないほうが安心といえます。この場合の目立つ腕時計と言うのはブランドの腕時計であるとか、というだけではありません。逆に安物に見られてしまうとか、そのような目を惹くということで真逆で目を惹く、と頭に入れておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計に関してもスーツやネクタイと同じように、平凡なものを身にするほうが確実です。そうはいっても、自分の歳にあっているということも重要で、新卒の頃に着用していた腕時計よりは多少なりとも値が張るものにした方が良いということは断言できます。

  • 転職活動を始めるときに、まずは今働いている会社をきちんと退社して・・

  • 転職活動を行うときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めてからという人もいるでしょうが、そのような場合ボーナスのことを前もって調べておきましょう。ボーナスのある企業は星の数ほどありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが入る時期まで数か月しかないなら、その後で会社を去るという方法も賢明な方法です。ボーナスは少々額が大きいので、頂いておいた方が良いと考えることもできるので、退職の際にはいつボーナスが入るのかを確実に把握しておくと賢明な方法です。

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分に見合っ・・

  • 再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を見つけたほうが良いということです。仕事を変えれば、驚くほどの適職に有りつけるかもしれません。ただ、苦しいことも少なからずあって、転職先にふさわしいスキルが必須となります。別の表現をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」にありつく可能性も高くなる、ということです。近年は、職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、仕事を変えても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用が死語となりつつある今現在、「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業もますます増えているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

  • 退職|転職活動時には、履歴書と職務経歴書がポイントです。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。会社の大部分は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まずはこれらの書類の作成が重要になってきます。単に穴を埋めるだけにとどまらす、内容の充実を図ることも大切です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書いておきましょう。さらに、現在の職務で挙げた実績を、売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など具体的に記します。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための有効な手段だといえます。

  • 退職|近い将来、社会ではぐっと考えなくてもできる労働は機械に入れ替わ…

  • 私たちの社会的環境において、将来、段々と簡単な仕事は機械化が発展していき結果として、そういう仕事をする人手は少なからず減少していきます。単純な仕事は人の手を借りるよりも機械のほうが数段にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ作業を繰り返すのは機械にとってはへっちゃらです。人と違って文句を言わず、疲れることもないし、適当にすることもないし、早いし均一化できる強みもあります。そして、給料も発生しないのです。わざわざ人間を使う意味が無いため、機械化の流れは自然の流れなのです。