転職活動において、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

退職|転職活動では、かなり重要なのが「面接」です。

転職をする場合、かなり重要となるのが間違いなく「面接」です。一般的な面接の際は面接官が応募者に対し、転職の動機などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして必ず、面接の終盤になると、転職希望者から、面接担当の人へ疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接担当者から「なにか弊社で働くことについて、疑問点はありませんか?」と。と聞かれたときに面接者本人が緊張しすぎて戸惑う事もありまよすね。そんなときのために、面接の前には面接官からの質問を想定し、質問の内容をいくつか考えておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

新卒採用で入社しましたが、勇気を出して転職しました。

新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職をしました。会社を退職する前は、とても不安で悩みました。しかし、会社をわずか数年で辞めて、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で学び自然と不安な気持ちが無くなりました。1度、転職をするとなんだか精神的にも余裕がでてきて、「自分の好きなこと」を考えることが楽しいものになりました。いまだに「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の場合、転職を決断して後悔はありません。

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存…

昔務めていた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを持ち、とうとう我慢ができなくなりその会社は辞め、同じ業種の別の企業に変えました。その会社では上司が感じのいい人できわめて満足した毎日でしたが、時が経つにつれて会社が収益を上げられなくなり、結局はある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にもその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司が再度私の上司になることに。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。当然新たな転職活動を始めようと思っています。

現在の自身の職場や業務に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。

今のあなたの職場や業務についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや能力を適正に評価されていない」そして、「給与アップも、将来的な出世も期待できない」といった内容が多くを占めると思います。気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自分の本来の実力を実際よりも過剰評価していることが少なくありません。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、自分に合った企業や職種がないと、中々転職先が決まらない可能性が高くなってしまいます。可能性が少なからずあります。そういうわけで転職活動をスムーズに行うためには、実際の自身のスキルや能力を客観視することが大切です。

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ問題が多いといえます。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらを使って色々質問してみることからやってみましょう。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることがよくあります。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がっていくと、ふてくされるような態度になるのでそこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。

転職サイトは、一度登録したら、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人はとてもビックリすると思います。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事なため、かなり積極的にかまえています。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取る仕組みといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社を強引にすすめてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を明確にし、安易な妥協をしないように注意しなければいけません。

転職サイトは大手サイトの方が掲載数も豊富なので、気に入った2~3社を…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほどたくさんの会社が掲載されているため、2~3社ほどともかく転職サイトに登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、加えて条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。しかしながら、最初は登録するのに多少手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする第一回目は時間が多少掛かるため、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の段階できちんと準備することを、心がけましょう。

転職のための採用面接でのよく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと度を超え・・

転職のための採用面接でのよく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫をかぶることは正直なところ良い結果にはならないことがあります。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」など、通常はかなり質問しづらい内容を思い切って聞いた方が間違いなくあなたのためになります。実際には「そのような無神経な質問をすると、最終選考に不採用になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。だけども良い結果になることは結果的には可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。しかし、多くの人が気を遣ってなかなか聞きづらいのも事実です。しかし、あなたがあえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

退職|今の自分のスキルを有効活用しつつ、転職したいと思っているなら…

自身のスキルや資格を武器に転職する場合、再就職しやすい業界と、比較的、再就職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職の難易度が低めの業界では、慢性的に人手が足りない「医療・介護」が、とても有名ですね。それぞれ看護師・介護士は「資格」を必要で、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、ワケあって、他の業界に転職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。他の業界では働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。というわけで、安易に考えない事が必要です。再就職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。

退職|いわゆるPCやスマホで調べればインターネット上には…

世の中は便利になったものでPCを見ればネットで見られる世界にはいわゆる「転職サイト」と呼ばれるものが数多くあります。サイトを見て自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを見付けるために、まず、情報が大事ですから収集をしましょう。こういうサイトをきっちり活用することで、効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。

転職を念頭に置いているならこまめに多種多様な企業を普段から調べておく…

転業を予定しているのなら、こまめに多様な会社の採用情報の詳細をチェックすることが、就職先を選ぶのにかなり役立ちます。あなたが今現在の仕事に満足感がないケースでは、いざ転職活動をする時にどんな企業でもいいように思えてしまします。そのような状況下では、どこを選択したら良いのか困ってしまいかねず、選択を誤りかねません。そのため、最終的には早々に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので見る力を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重視する企業は、取引先を公表していますし、反対にそうではない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

自らが仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだ・・

いくつかの人材紹介会社に登録していのだが、転職のアドバイザーのレベルも本当に様々で大体の場合、満足できない感じる担当者でした。こちら側は人生かかっているのにもっと真摯に向き合ってほしいという感情が募ってしまいました。そのことが発端となって自分がキャリアカウンセラーを志すことになりました。資格取得のためにはコストもかかったし資格取得のための勉強面もかなり大変でしたが、仕事を探している人たちからアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるように努力しています。

退職|もし、転職を決めたのなら、徹底的に周りにはその意思を知られないように・・

もしもあなたが、現職からの転業を決定したなら、まったく同僚にはそれを告げないように、活動していき、転身先が決まっていない間は、可能なだけ周りの人間に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのが正解です。現職中、その状態をキープしていれば、もしいい働き先がすんなり見付けることができなくても、転身予定を見送りながら現職を続けてもできます。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、周りはその言葉に合わせて対応し出します。社内の人間に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人は辞める人」と受け止められます。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がないと感じる可能性があります。

雇用中は状況が許す限り、会社内の人に気づかれないよう…

在職中には、状況が許す限り、会社内の人にバレないように(自身のときは)雇用中に「転業するかも」という気持ちだけを活動初期に周りの人間に言ってみたことがあります。けど、その顎、求人情報を散々みていったのですが、結局転職先のあても、転職するタイミングさえも何一つ決まらずやみくもに時間だけが過ぎてしまいました。そして会社の側は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職予定日などが段々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たあと、次の就職先を見付ける活動をはじめました。