転職を行うに際しては、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

求職活動をするとき、インターネットでのエージェントすなわち斡旋を行う会社が存在しますが、…

  • 職を探すのに、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する方法もありますが、たとえその種の業者に登録したことの結果として新しい仕事を見つけることができた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても給付してもらえないので気をつける必要があります。一方、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就職した場合は、就業の準備金として「一時金」を受け取れることになります。インターネットでのエージェントは、私的機関です。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。この点について知っておかないと失業中に給付金をもらえなくなるので、気をつけておきましょう。

  • もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • 仮にあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」のように、都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える人が増加傾向にあります。今のネット社会では転職サイトを駆使すれば、国内のあらゆる場所の求人も簡単にアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないのが事実、難点でもあります。ですから、転職サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 再就職をする時に面接でほとんど聞かれるのは辞めた理由についてです。

  • 転職をする際に面接で絶対に投げかけられるのは前に働いていた会社を辞職したのはなぜか、という話ですがこの質問が出た時には退職した会社にスポットを当てない方が好ましいです。前職を辞めた経緯を的に絞り話が進むと必然的に面接において不利なことを含んだ話の内容になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をこちらの会社にぜひとも入社したいと思っていたからといった話の中身にできたらベストという感じで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に話を向けるべきです。転職理由でも、そのような内容ならば、悪い面ではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた理由になります。

  • 転職したケースでは、高い確率で前の会社の仕事は多くは美化された記憶となります。

  • 転職すると、だいたいの場合は以前の仕事は美化された記憶となります。本当のところ今の仕事に不服があるから、そういった思いを解消するためにどうにか退職を決め、再就職すことになったのに、時の流れとともに不思議なことに転職後の会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じるのです。というのも無理はなく、以前の職場では仕事をこなすことに慣れきっていてさほど苦労なくやるべき業務が淡々とできていたから、一番の理由にあると思います。実際は「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と心底後悔するほど、過去の会社のほうがやりがいも自分に向いていたケースもあります。

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間でも新時代となる変化が顕在化しつつあります。そのこともあり民間企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」が社会問題として拡大しています。ちなみに「外国人労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると安倍政権は語っています。こうした変化によって国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

  • 退職|違った企業の社員になりたいと転職希望者の場合、「できるだけ早・・

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職活動をする場合は「1日でもはやく、採用通知を手に入れたい」と思っているものです。でも、その気持ちが強くて良い知らせほしさのばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、またその逆で自分を能力を安く見積もったことは、できるだけ避けましょう。焦る気持ちを抑え、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く見極めていきましょう。

  • 退職|将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と付き合う事が出来れば、…

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と付き合っていけば、メンタル的にも転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。またメンタル部分が健全な状態のままであれば、転職先も早くに見つかるはずです。おすすめは、休職期間をつくらず転職先を見つけることが大事です。現在の仕事をしながら、次の職場を探すのが理想です。また、ブランクをつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そういった形にしておくと、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めてみましょう。

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急いで職探しをしても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接の際にその手の質問をされることもあります。しどろもどろになると不合格となるでしょう。

  • 退職|再就職を考えている際に閲覧する募集要項に関しては、目安として、アバウ・・

  • 転職をする時に注視する募集事項については、おおまかなものとして載せている、という事も少なくありません。ですから、情報として載っていることをすべて正しいものだと信じない方がいいと思います。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給料の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?というような判断ができない転職者も多く、自分の勝手な判断で解釈してしまうと、後から悔いが残ることになりかねません。という事で、募集事項の情報というのは、一般的なものだと思って、そういったたいへん肝心な内容は直接確認するのが妥当です。

  • かつては求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、…

  • 何年か前までは求人誌では、募集条件の中に「性別」について、はっきりと書かれていました。けれど最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女差別が雇用の際にあってはいけないという決まりになり、応募条件のなかに「性別」が記載されなくなりました。しかし募集側は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際、本当は男手が希望の業種に女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまったり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。たとえば、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、希望しているのは女性だと捉えておいたほうがトラブルを避けられます。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。しかしながら、仕事をしながら求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも負担がかかるといえるでしょう。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、そうした場合に書類選考が通り面接の段になって辞退すれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく直接応募していたとしても、応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると意識を持つことが大切です。

  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見…

  • 再就職して職場を一新するということは、自分自身に見合う自分の理想に近い場所に就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、驚くほどの適職に就くことができるかもしれません。とはいうものの、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルが必須となります。表現を変えると、自分の価値をあげれば、「天職」に巡り会えることも可能、ということです。今は、「職業選択の自由」が普通に常識として受け入れられているので、転職して転職を選んでも偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。組織と人との関係が軽薄になりつつある今は、「とにかく良い人材が欲しい」と希望する企業も増加傾向にあるので、このチャンスを有効に使ってみてください。

  • 退職|転職するにあたり、現在勤務している会社を退社する…

  • 転職をするために今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮に自分が望んで退職願を出して退社する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、リストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定が下ったのちすぐに失業保険をもらえます。

  • 退職|20代前半までに転職2回で、そして現在、資格をゲットするべ・・

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、今現在は資格取得の勉強をしながら、派遣社員として働いています。常勤の勤務とは違うので毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時に資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際に、そういった人を見る度、私もこうなりたかったと思います。自分に自身が持てず、気にしてしまい、落ち込むこともありました。結婚し、がらりと生活環境もかなり変わり、以前よりも明確な進路ができて自ずと生活が充実するようになりました。

  • 私たちの社会的環境において、この先段々と短絡的な労…

  • 私たちの社会的環境において、将来、どんどんシンプルな仕事は機械に切り替えられて当然の結果として必要な人員は減少させられてしまいます。単純労働においては、人が作業するよりも機械で進めたほうが比べられないほどすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動作を繰り返したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人間とは違って文句は言わないし、疲れないし、横着をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。さらに、人と違って賃金も発生しないのです。わざわざ人を使う理由が到底なさすぎます。機械化が自然の流れなのです。