退職|転職活動を成功させるには、なにはともあれとにかく自・・

転職のための活動をしているときは、必ず自分の内心が静かである…

  • 転職の活動を成功させるには、最初に必ずあなたの内心が落ち着いていることをとても忘れないようにしたいものです。在職中に転職をする活動を行う場合はそれほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合、内心が焦燥感が出てしまいがちです。なので、慎重に活動してみましょう。将来、自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気をハッキリさせておきましょう。そして、実際の職場と比べてみて、合致しているかを徹底的に見極めることが重要なのです。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 転職活動のさなか、良いと思える求人(あるいは業種)を見つけた・・

  • 転職活動しているとき、良いと思う求人(あるいは職種)を見付けるたびにマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス点は知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索によってカンタンに一発で本来の姿を理解できるでしょう。そうしたチェックを怠りながら会社に入ると、のちに後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出ている理由が、「業務内容が厳しく、人の出入りが激しい」という場合が少なくないのです。興味をもった案件や業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。
  • 派遣社員になっても1年ごとにすぐ退職できるというわけではないこ…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職活動を経験して学びました。新婚生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、その時がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい今の職場でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員であるために、正社員よりも給料は少なかったのですが、時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。でも、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員10年~15年くらい勤務しているというのです。なので派遣であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • この頃はPCやスマホは便利でインターネットの世界で・・

  • 今ではPCやスマホは便利でインターネットの世界では、要するに転職情報を掲載している「転職サイト」がかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自身にあった転職先を見いだすにはとりあえず情報を収集することから始めましょう。転職サイトを上手く使いこなすことで、効率的な転職を叶えられます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 退職|転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時の面接で人事担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、質問されるのは間違いありません。このとき、どんなに正しい意見だと思っても、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」についての回答は、可能な限り口にしないようにしましょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、せっかくのチャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがとても大切です。、たとえば「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来形での話ぶりが求められます。
  • 退職|転職した場所では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職の予定があるのなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。入社した初年度は、試用期間を入っている企業がほとんどで、自分の転職して新たな仕事をした時は、なんとか手にした職なのに、悲しいかなそれまでの職場での年間報酬とあんまりイコールで変わりませんでした。しかも仕事内容は多様で忙しく、立場上責任を伴い、初年度を乗り越えるのにたいへん骨が折れました。そのような経験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、可能ならば転職するよりも以前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 退職|転職するにもすべての人が満足いく成果をあげられるという保証はありません。

  • 転職を目指そうとしても、万事都合よく運ぶとは言い切れません。それはどう転んでも転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちに考えておいたほうが良いです。平均として見た場合、30代前半までは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職そのものが相当に難しいといえます。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも選択項目から除外しないでおきましょう。会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、現在の仕事は続けながら慎重に未来を構築していったほうが良い、ということです。
  • 退職|初めて転職する場合、忘れてはならないのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかにつ・・

  • 人生初の転職を行うのであれば、重要なのは「現在の仕事を変えたい理由」をハッキリしておかなくてはいけません。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。そして問題を解決できるであろう会社を選択してください。社会人の転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、働きつつ、就職活動をしていく必要があることから、時間と体力とが必要だと考えられます。だからこそ明確な理由が頭にない状態で転職活動を開始した場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。
  • 退職|20代前半に転職を2回経験し、いまは資格をゲットするべ・・

  • 20代までに転職2回で、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務ではないのでやはり手取りが少なくなってしまいました。しかしその分、心と時間に余裕ができました。思い返すと、もっと学生のときに資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際、そのような人を見ると非常に羨ましいと思ってしまいます。以前までの私はうまくいってる人と自分とを比較して、落ち込むこともありました。結婚を経験し、随分と生活環境が大きく変わり、以前よりも明確な進路ができて毎日が充実しています。
  • 退職|年内中に転職予定がある人で、次の仕事をする前に期間があるのなら・・

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうならできれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは働いている企業側がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちに貰える可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の直近の給料を基準にして手当の額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 退職|大規模な転職エージェントほど、潤沢な案件を持ってい…

  • 大規模な転職エージェントは、潤沢な案件を扱っているという魅力がありますが、それに比例するように、転職希望するライバルも多くいることになります。あなたが、気になる案件を見つけたとしても、担当スタッフが見込みが少ないと判断すれば応募してくれないこともザラですし、企業から見て自分よりも有能な人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。このように大規模な転職エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募しがたいので、中小規模のエージェントに応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。
  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になります・・

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探していることの証明が必要になりますが、としても、実際は「今まで忙しすぎたので、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが本音でしょう。というワケで、真剣に次の仕事先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは当然ながら必要として、そこで、求人票のチェックは最低限やっておきましょう。心の中では探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワーク職員との面談時、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら無かった」と相手に報告し、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 退職|再就職をする際に面接でだいたい聞かれるのが前の職を辞職…

  • 再就職する場合の面接でかなり高確率で聞きだされることが辞めた理由についてです。このような質問になった際には辞めた会社から話題をそらしたほうが最善です。会社を退職した経緯が話の中心になるとどうしてもマイナス要素を伴った面接に進んでしまいます。ポイントとしては、なぜ前の職場を退職したのかという事をこの会社に必ず入りたい理由があったからという感じの話にするべきであり、自己アピールもかねて自分が面接している会社の方に話を向けていくといいでしょう。そういう内容ならば、マイナスではなくプラス面を印象づける前職を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 退職|転職しようと考えている会社で会社見学などがあると非常に勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるため、楽しめます。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学ではほぼ例外なく見学者には、本当の仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えないものです。そのため、仕事=見学で知った内容と解釈しないことが無難です。ましてや、見学時に仕事を体験させてくれる会社はキケンなので気をつけましょう。入社していない人間には、もしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証など一切ありません。担当者から勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。
  • 全く経験したことがない業種などに転身したいと思っている場合に・・

  • 初挑戦となる業種などに転業する際には、自分が以前の業界で養われたスキルや経験したことを発揮できるという訴えが必要になります。勤務経験のない分野の場合、経験していない分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自分の持っているスキルがその場でも十分に生きるということをうまく相手に話せれば、戦えることも多々出てきます。そのような訳で、経験したことがない分野にチャレンジするときには、その分野とこれまで自分が働いてきた職務との関連を可能な限り探しましょう。