退職|再就職の面接での身なりはクールビズ可とと事前に言われる場合もあります。しか…

退職|転職をする際の面接で企業側からクールビズで良いとと連絡が来るケースもあります。です…

転職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださいとと連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで面接するのは本当は失礼なのでは?と考えてしまいます。そういう悩みを抱いている方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われたのであれば、書かれていることを素直に聞き入れるほうが安心できます。悩みすぎて、夏真っ盛りの時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

退職|就職活動において、年収は大変重要な要素です。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職を余儀なくされるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

勤務していた会社で性格のきつい上司に頭を抱え、結局耐えきれなくなり退職し…

働いていた会社で嫌な感じの上司の存在に困ってしまい、とうとう耐えることができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業に職を移しました。そこでは上との関係も良好で仕事ができて本当に満足した毎日でしたが、月日の経過とともに会社の財務が悪くなり、ある会社に経営統合されることとなりました。そしてその経営統合した先の会社がなんと前いた会社で、加えて非常に嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当然ながらまた転職をしようと活動を始めるつもりです。

退職|自分の好き、を仕事にしたいという風に考えている方は要注意です。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、食べることが大好きで過去には、料理店(レストラン)で仕事をしていた時期があります。その飲食店での業務内容は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係に疲れてしまったのです。そのことが原因で、職場を去ったのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやその飲食店で扱っていた食べ物すら嫌いになり、類似の店には現在も行く勇気がありません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好き、を仕事にしたいと願い、それを実現させることは素敵なことだとは思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、まじめに判断する必要があります。

今現在のあなたの勤め先や業務内容について不満に思っていることの中に、…

現在のあなたの職場・業務内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや仕事での能力を正しく評価されていない」ゆえに、「給与はアップしないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった点が多くを占めるでしょう。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分の力量を実際よりも過大評価していることもあるのです。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と無駄にブランク期間ができるおそれがあるので、要注意です。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。なので転職をスムーズに行うためにも、自分のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

もし転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知る・・

もし再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知るとその状況が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく転職のことを口にするのはお勧めしません。上記トラブルを回避するために、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い空気のまま気持ちよく仕事を辞められるはずです。さらには、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、あなたが何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。会社の大きさに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりは大事なので、会社を辞める時のトラブルは、できるだけ回避してください。

退職|数年前は求人誌では、募集要項の中に「性別」につい…

昔の求人誌に募集要項の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。しかし最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が採用時にないようにしないといけないという決まりになり、応募資格の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。でも、求人情報を出す企業は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。現実に、本当は男手を欲しい案件に、募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまったり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識しておく良いです。

転職する場合は、はじめに、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したり…

転職活動をするいあたっては、事前にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調査するのですが、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。仮に公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の社長の方針や社員の感想については、それを鵜呑みにするのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも鵜呑みにして入社した場合、「こんなはずじゃない!」と後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、様々なイチャモンをつけて退社できないように策を練ってきます。このようなブラック企業には気を付けましょう。

再就職をする場合、かなり重要なのが間違いなく「面接」です。

転職時にかなり重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。ふつうの面接の際は応募者に対し、転職に至った動機など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「何か質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、対応できず、何も聞けなくなったりするものです。こんな時の為に、面接の前には面接官からの問いに対する、聞きたいことを用意しておきましょう。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

女性が再就職する時、セクハラが社会問題となっている現代・・

女性が再就職する時、数年前と今日とでは少し違いがあります。前は面接のなかで、結婚の予定や結婚後の仕事などのことに関して、ごく当たり前に質問されることが珍しくありませんでした。しかし、現在はそのようなデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、質問しない企業が増えています。また、特に大きな会社の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。けれど実際、企業側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思うはずです。自分自身の人生設計をわかってもらうためにも、志望動機・自己PRと併せて言い表すことで、会社側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うのです。聞かれていない部分も、先にあなたの側から企業にとっては必要な情報と捉え、答えてみると良いでしょう。

このように近年の雇用事情の慌ただしい変化に際して、社会人の・・

昨今の労働背景の激しい変化に当たって、社会人の中で若者の世代は鋭敏に感じ取って、おそらくは、自身のキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。ですので、労働者・サラリーマンなどの労働力の「流動化」が活性化しているので、ますます後々世代に関わらず転職への注目が増加すると思われます。労働力の「流動化」が進んでいく結果、仕事を変えることは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が機能したかつては、「会社を辞めて転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思ったようにいかないケースもありました。時流が変わったせいもあり、今の会社のみに執着する必要も減少しているように感じられます。

退職|転職する活動の際に「私は振り返るとこういう価値のあ…

転職活動時、「自分はかつて、こういった種類の仕事をがんばってきました」「今までにこのような経験に磨きを掛けました」と過去の自分の成功体験などを十分にアピールしようと考える人はわりと少なくありません。が、希望する再スタートを図る環境下で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「私が申したような業務内容なら積極的に貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自己をアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

退職|転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが…

転職の際に現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしあなたの意志で退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険はすぐには出ず手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って退社日の翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則について誤解している人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因となりハローワークのスタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてから即、失業保険が給付されます。

転職サイトは知名度の高いサイトの方がたくさんの求人情報が掲載されているた・・

転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるので、気に入った2,3の会社を、まずは転職サイト登録しておき、勤務地などにチェックマークをいれておき、条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。最初は登録するのに幾分か労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする初回時は少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけてください。

派遣会社に登録し、働く人が最近では多くなっています…

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近頃増える傾向にあります。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを可能であれば面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。半分を超える額を還元しているのであれば、比較的良いのですが、中には開示すらしないところも多く、ときには、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースも多いです。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できることなら異なる派遣会社で登録されることをおすすめします。