退職|転職活動で面接において例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、面接において必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接において高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、これと違って転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。収入に対する不満、上司とそりが合わないことなど、面接官に悪い印象を持たれるものです。たぶん、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、「入社したなら、〇〇をしたいです」、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選びました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。
  • 退職|転職活動をする際の最後の問題として、現在勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後の難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社が決定しても、現在勤務している企業が、あなたを離したくないと引き留めることは多々あります。そのような場合は、どうあっても退職する、という強固な意志を貫くことが必要です。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と遠慮せずに伝えます。円満退職をすること、これも転職活動で大切な要素となります。
  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、入ってすぐ…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、すぐに退職を選択してしまう人が意外にも少なくないのです。何故そうかと思うとおそらく気持ちも新たに、自分に合った仕事に飛び込んだものの、「自分自身の思っていた職場環境とかなりかけ離れていた」「ルールにどうしても慣れなかった」といったことで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、やはり、情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 退職|現在あなたが、「転職サイト」であなたの活躍の場が広…

  • 活躍の場を広げたいと、転職サイトを活用して自分のライフスタイルに合った働いてみたいと思えるような仕事を探しているならば、転職エージェントは絶対活用したほうがいいです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、紹介してくれる仕事というのは誰もが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較対象にならないほどたいへん良質といえます。それに加えて、あなたに合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望する自身の職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが独自に手当たり次第に探していくことと比べれば、とても効率はいいです。ですから転職を成功させる近道といえます。
  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒で入った会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。会社を辞める前は、毎日不安で悩みこんだりもしました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職活動で学び、いつの間にか不安な気持ちが消え、楽になりました。また1回でも転職をすると徐々に前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を見つけることが楽しいものになりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような意見も多々ありますが、それが正しいのかなと思いました。私のケースでは間違ってなかった、と思っています。
  • 退職|転職時の採用面接にとある会社に赴きました。

  • 転職のための面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。偶然会社で部屋が空きがないということで外部のある場所で面接官との待ち合わせをして面接をして、その場で解散、面接を行った方もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においても面接官と一緒に話をしながら帰ることとなって、その結果緊張が解けて面接しているよりも話が弾み、それが良かったからなのか問題なく採用も掴むことができました。
  • 転職をするとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から地方に移り住んだうえで再就職した…

  • 仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと考えている方が、ここ最近増加しています。今では求人情報サイトを使えば、国内のあらゆる場所の求人もいつでもアクセスできます。地方での求人に関しては、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。そのため、転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも頻繁にチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報も注意してみておきましょう。
  • 退職|『転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら・・

  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えましょう。このときに相談という形を取ると、状況によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き退職までに半年ほど掛かってしまいました。はじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では退職出来たのはこの年の11月です。予定では、仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、思うようにはいきませんでした。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり会社や上司に対して失望しました。
  • 求人に関する情報をチェックする場合、オフィス系の仕事が希望だから・・

  • 求人サイトをチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業をチェックしていなかったりしますが、そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているケースもあります。製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事もかなりの数あります。ただ、製造業の多数はビジネス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでそういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。そうだとしても、自分のこだわりを捨ててみることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。
  • 数日前転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に向かいました。そこでカウンセリングの際に現れた担当者の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、こちら側が説明をしていることの3割もわかっていないようでした。しかも「キャリアデザインが物足りないですね」とか「きちんと自分の強みを明確化するべきでしょう」とか、経験豊富なベテランのように偉そうに言うから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当する人は多少は仕事の経験がある人にしてほしいと感じます。
  • 転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • かつては割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質においても色々あって大方は満足のいく対応をしてくれない人ばかり。こちら側は人生かかっているのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという感情が高まってしまいました。その事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーの資格取得にはお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面においてもきつかったのですが、仕事を探している人からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。
  • 転職するときは、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが、…

  • 転職活動を始めるとき、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソの書き込みだったなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかしながら、実態は『クロ』で「マズイと考え急いで火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分、入社してから不利益になる心配をしなければいけないと思っていいでしょう。そもそも、良い会社にはトラブルは発生しません。
  • 退職|再就職をする際に注意を向ける募集内容については一般的なものと…

  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる募集要項の情報というのは、目安として記載されている、ということもありますから、掲載されている内容はすべて正確な情報だとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがいいと思います。特に生活に大きくかかわってくる報酬に関しては社員を平均した額なのか?最低金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というジャッジができない人も多く、勝手な判断で考えてしまうと、後からそのことを悔いる事もあるでしょう。そのため、後悔しないようにするためにも、求人に書かれている情報はおおまかなものだと思って、そういったようなとても肝心な内容は直接問い合わせるのがよろしいです。
  • 転職というものをする場合、転職したあとの給料について気にしすぎる人・・

  • 転職について考えた場合、転職したあとの自分の給与について気にする人がとても多いように思います。もちろん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として得るために働くと思います。とうぜん年収の額は自分の価値を測る指標としての側面もありますからとうぜん大切と感じるのは無理もありません。しかしながら、愚かにも年収の額に気にかけすぎるのも人生を損してしまう気がします。よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。
  • 昔は看護婦ですが看護師は仕事として歴史的にも女性の割合がかなり…

  • 以前は看護婦ですが看護師は、やはり女性比率が大きい職場です。そして、気力や体力へのひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜん職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、結婚・出産などによって仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に変わらず継続しています。つねに各病院は、看護師を求めている「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。