退職|転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトや転職エージェントなどを利用して、転職活動を行う人は大勢います。でも、ベストの転職先を探すにあたっては、その上に転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、一度足を運べば企業の情報に直接触れることができますし、その上、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加しようと思うなら、面接に挑戦するつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。それが功を奏してフェアの期間中に自分の魅力が企業に伝われば、そのあとの面接に進む際にかなり有利になると予想できます。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも新時代となる変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったことで、民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、と安倍政権は宣言しています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

今から転職活動しようと考えるのなら、直近の業務や業…

今からでも転職活動しようと思うのなら、今現在の職場・業務での納得いかない部分をハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えて現在の仕事や業務の客観的にみた問題を列挙する」ことを多くの人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることは可能なはずです。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。

今まで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、有名な「転職サイト」は、システム上、都心の求人情報だけだからです。そのために、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載される多少給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着なので、探しやすい魅力があります。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」というイメージがある人も多少いるかもしれません。良い求人情報もそれなりに掲載されているため、もしも転職希望の方は、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトのように多くの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

これはシフトの仕事についての話です。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前わたしは産休で抜けた人の代わりに正社員として働き始めたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うと本当によくやってこれたなと思います。

転職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきたら…

転職の時の面接などの際に名刺を渡された時、同じようにあなたも名刺を渡すべきか?とどちらが正解かわからない場合ほとんどは渡さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、仕事を得るための採用活動の一部なので、大体は名刺をやりとりする時ではないのです。それに、あなたは会社の人間としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。ですので、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらにおいてはもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる義務はまったくないと判断できるのです。

新しい仕事で、今までに身に付けた実力を活かせられれば…

転職した会社でそれまでに培われてきた実力を活かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれ早々に仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり会社側も即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえうまくいけば、難なく事が運びやすいといえます。更にこれまでの働いていた仕事と近い仕事なら転職は大変楽になるでしょう。そういっても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職系や公職については、今も昔も中々の難関となるのは違いないでしょう。

再就職のための面接では、小規模業者だったらその社内の「人事」担当者が面接官になります・・

転職の際に行われる面接というのは、零細企業であればおおよそ「人事」が面接官となりますが、別のケースもあるようです。直接、一緒に仕事をする現場の一番偉い人、かいつまんで言えば役職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性もあります。中でも事務系・営業系といったカテゴリでは、資格のみでは人の評価が難しいのできちんと自身を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己アピールできるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。

就職活動する際に注意が必要な求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く・・

就職するため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料形態に残業代を入れておくという仕組みになります。(なお、これは合法です)もし求人に『みなし残業代25時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という意味になるわけです。けれども、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』をわざと記載していない可能性もあるので要注意です。

知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

友人や知人の紹介で転職先を探す人もいるでしょう。…が、転職した先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報のみで過剰に信じるとあとで問題です。そういうわけは一人の個人の口コミというのは客観性に乏しいからです。それ故に友人にとって、今よりずっとベターな職場環境に映っても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな場合があります。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミのみで判断せずに、自分自身の決断を信じるしかありません。

職を変える際にいるスーツの色は、新卒の就職活動に身に付けている色味…

転職の面接で必要となるスーツの色は、新卒の就職活動に着る色が基本となっています。ということは、黒とか紺色のような落ち着いた色味になります。それは転職の場面においても、スーツのカラーというのはこういったようなダークカラーが多数派になっており、他の色のビジネススーツの人は圧倒的に少ないです。その他の色で言えば、グレーを着用している方が若干いるくらいで、一般的には紺や黒が大多数を占めているのです。ですから、面接担当者も多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という点においてはおすすめです。

退職|転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込むほか…

転職先を探している期間は、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活がベストです。会社が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたおかげで無意識のうちに集中力が養われています。また体力アップが図れていることで、一緒に働く人と比べると体力が持続するということを自ずと認識することができます。というわけで、退職したら自分の好きなことに打ち込むことと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。また、同じ会社内で同様の趣味の人と知り合えたのなら、会話も弾むので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

楽しく再就職と付き合っていけば、メンタルへの重荷を抑えられるの…

楽しんで転職と向き合うことで、メンタル的にも結果として転職期間中に堕落しないで済みます。そのうえメンタル部分が元気なままでいれば、転職先も早くに見つかるはずです。もっとも良いのは、やはり、休職期間をつくることなく新しい勤め先を見付けることが重要です。今ある仕事をしながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがベストでしょう。しかも、ブランクをつくらなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

退職|安定を送りたいと正規の社員として働こうと思っている人…

安定した暮らしを求めるべく正規社員を目指している人は少なくない、というのが現状です。ところが、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、正社員のためのキャリアアップがうまくいかない可能性もあります。契約社員の求人があるのに正社員の求人情報に固執し、落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。なかなか、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者の求人募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の手腕によって、数年で契約社員から正社員への転換を狙えるところもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、こうした可能性を質問しておくと将来のプランも組みやすくなります。

就労であるのなら、状況が許す限り、水面下で(私の例です…

在職期間にあるときは、極力気づかれないように、(ちなみに私のときは)雇用中に転社したいという意思表示だけを活動初期に社内で話して、反応を見たことがあります。けれど、その顎、転職サイトを必死に探してみたものの、結局就職先も時期など、計画も立てずに進めていたので、ダラダラと時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方で、社内では仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。