実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが、…

失業保険の給付に関して、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。としても、現実は「会社を辞めたことだし、暫くは遊びたい」と思う人も少なくないでしょう。ということで、真剣に仕事探しをしているように思わせる方法があるので紹介します。

実際に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしているという証明が必要となります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。だとしても、実際は「会社を辞めたことだし、しばらくはのんびりしたい」と思うのが本音だと思います。ということで、ちゃんと次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月、「ハローワーク」に行くのは当然のこととして、「求人票」をチェックすることを必ず行わなければいけません。本気で探す気持ちが出ないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら今回はありませんでした」と話して、次に期待しましょう。


  • これから、労働力という観点において確実に簡単な仕・・

  • この先、私たちの労働環境において、ぐんぐんと簡単な作業は機械に交代させられていきそれによって必要な労働人口は減少していきます。単純労働は人間よりも機械でやったほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数を数えたり同一の手順を延々と繰り返すことは、機械にとっては問題ありません。もちろん人間とは違って不満を言わないし、疲れ知らず、横着をすることもないし、何より正確ですし、均一にこなせます。また、給料が発生しないのも違いですね。このような理由から、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械にシフトされるもの無理はありません。


  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場にお…

  • 転職しようと考えたとき、そこでの自身の給与を過剰に気にする人がそこそこ多く見受けられます。もちろん大部分の方はだから生活費をもらうべく精を出しているのだとは思います。年収というのは自身の社会的な価値を知る値という見方もできますから、当然大切なものとして扱うのは当然ともいえます。とはいえ、もらっている年収の額ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのもさみしい気がしませんか?この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは少なくないからです。


  • 退職|近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。

  • 最近、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。特許権を取得したことのある人は、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を発表したことのある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティング用のネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングっぽいことを言われた際には、心当たりがないか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の業者は100%嘘であるので注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要などありません。


  • 退職|在職中であるのなら、できるだけバレないよう(私の場…

  • 就労期間にあるときは、状況が許す限り、会社内の人に悟られないよう、(私の例ですが)前職中に転業の意思表示のみを早い時期に同僚にほのめかしたことがありました。だが、それから、求人情報を色々と探してみたのですが、結局働く先も仕事を変えるタイミングさえも何も煮詰まっていないまま時間を空費する結果に。挙句の果てにはその傍ら、会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を探すことになりました。


  • 今の自らの勤め先や仕事の中身について不満に思っていることの中に、…

  • 今現在の勤め先や仕事内容に対して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身の持っている資格やスキルを誠実に評価してくれない」ゆえに、「給与は上がらないし、将来レベルアップする見込みもない」といった不満が多いように感じられます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、自分の本来の実力を過大評価していることもあるのです。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と中々転職先が決まらないことになりかねません。という事態を招く可能性も少なくありません。なので転職活動で良い結果を出すためにも、自分の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。


  • 再就職をする際にチェックすることになる募集事項の情報というのは、…

  • 再就職をする時にチェックする求人内容に関しては、基準的なものとして載っている、という確率もあり得ます。そのため、そこに記載されている情報は全部間違いのないものだと簡単に信頼しないほうが賢明です。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の額などにおいては、平均の値なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?というジャッジができないことが多く、独断でわかったつもりでいると、後々そのことを悔いる可能性もあり得ます。そのような訳で、求人内容に関しては、おおまかなものだと思って、そういったとても肝心な内容は会社側に直に確認を取ってみた方が良いでしょう。


  • 会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自身のライフスタイルに合った…

  • あなたが今現在、「転職サイト」を利用して自身がストレスなく働ける将来性のある企業情報をあれこれ見ているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介される求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないレベルでかなり質がいいといえます。さらには、自分に合ったものをピックアップし、調査した上で紹介してくれます。だから、あなたの希望とするあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに探すのと比べればとても効率がいいし、試してみる価値は大いにあります。


  • 今までの求人誌に募集条件の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。

  • 何年か前までの求人情報には、雇用側の希望する「性別」が記載されているのがほとんどでした。ところが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用において、男女の差別があってはいけないという決まりになり、募集要項に「性別」が無記載となりました。そんな変化があるものの、募集を出す企業側としては、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。従って男性必要とするジャンルに、女性の採用希望者がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といった問題も他人事ではないのです。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と記載があれば、雇用側が「女性」を必要としている、と読み取ることが無難です。


  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • このところ私は派遣で働いています。サイトで気の向くままに自分にぴったりの仕事を発見して応募したい旨を伝えると「その仕事はもうすでに他の人の採用が内定しています」と断られて一時的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、どういうわけか翌日にチェックすると再掲載されています。ということは結局私だとよくないのだということですよね。それであるならば初めからカドが立たない程度ではっきりと教えてくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとももしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?


  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方はぜひ失業手当をもらうことをおススメします。これはあなたが勤めている企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ずだれでももらえます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては企業の都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このとき、もらえる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の給料を基に支給する額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。


  • もしあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合・・

  • 仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」にて都市部から地方に移住した上で転職したい、と考える人が増加しています。最近では転職サイトを用いれば、国内のどの地域の求人もタッチできます。ですが、地方や郊外での求人は都市部ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。ですので、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもよく確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートに関する情報も注意してみておきましょう。


  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら再就職ができれ…

  • 楽しみを見出しながら転職と付き合っていけば、精神的な負担も少ないので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。しかも精神的な部分が健全な状態のままであれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。そのためには、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが大事です。一番は働きながら次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが理想といえます。それに、隙間のない探し方をすることで、現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうしておけば、職歴の空白期間をなくせるため、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、円滑に転職活動を進めていきましょう。


  • 退職|転職活動をするという時は、良いと思う求人(職種)があれば・・

  • 転職活動の最中、良いと思える求人(あるいは業種)を見付けるたびに必ず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のマイナス点はアドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、インターネット検索で一発で多くの事例に触れられるはずです。そのような手間を惜しんで会社に入ると、あとから痛い目に合うおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「仕事がキツイから入っても続かない」という場合がかなり多くあります。気になった業種について、注意したほうが良いでしょう。


  • 転職するならば、仕事のやりがいアップも大切だけど年収のアップも…

  • 転職先を選ぶにあたって、むろん仕事のやりがいのアップと一緒にそれに加えて年収が上がることも大事なポイントなので「年収サイト」というサイトに登録をして事前に研究しています。同じ会社でその上全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によって大きく違いがあることも多く、正直に言うと面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者も誰なのかある程度予測がついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。


  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります・・

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが、この給付には「期間」があります。それまでに働いていた期間に応じて3ヶ月とか、1年と決定するのですが、知らないで失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り慌てて就職先を探してもうまくいかない可能性は高いでしょう。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」についておおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況次第では、面接官から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、不合格となるおそれもあるので要注意です。


  • 退職|友人・知人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。

  • 友人による紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職をした先の労働環境やその他の労働条件といった点に関して知っている人からの口コミ情報を信用しすぎると後々問題になるかもしれません。そういうわけはそういう口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。つまり友人にとって、とてもよい職場に思えても、、あなたには、ストレスフルな環境なのかもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分自身の目で確かめておくことも大切です。


  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は欠かせません。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見える服装は重要なことだと感じてしまいます。でも、現在の企業面接では形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、ガッチリとビジネススーツで決めて赴く必要はありません。とくに会社の設立してすぐの歴史のない企業ほど、フレクシブルな考えなので私服で面接の場に行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるメリットも。さらに、私服を見せることで面接中に、洋服について、話もしやすいです。ですから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。転職活動は会社の創業年数で決めることが、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。


  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が一昔前の規制緩和以降、…

  • 派遣会社に登録して仕事をする人が徐々に増えています。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをできる限り面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その対価として手数料をもらう仕組みになっています。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を曖昧にしています。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらしないところも多く、酷い業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないことも珍しくありません。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できることなら別の派遣業者を利用されることを推奨します。


  • 転職活動を開始するにあたって、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが…

  • 転職活動を始めるにあたって、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすると、口コミの内容が嘘であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。ですが、現実は『クロ』で「このままではマズイと思い、一刻も早く火消ししたい」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する可能性も高いとみなしていいでしょう。というか、本当に善良な会社であればトラブルは起こりませんから。